FC加盟店向けトータルサポート FC加盟店向けトータルサポート

FC加盟店向けサービスのご案内

加盟を決める直前にご相談ください!

FCビジネスは起業をされる方や、新規事業に参入される方にとって、比較的手軽に参入しやすいシステムです。
しかし、それがゆえに、本部とのトラブルも噴出しています。
加盟店になる方の認識、本部の体制について、トータルに診断します。

ご相談はこちらから


1.フランチャイズとは

フランチャイズとは、本部が独自に開発し、確立したビジネスのノウハウを加盟店から一定の対価を受け取り指導し、同様の店舗を広めていく形態のビジネスです。
フランチャイズの種類も、次のように多種多様あります。

コンビニエンスストア ラーメン・麺・丼 居酒屋・焼鳥・焼肉
カフェ・菓子・ベーカリー 宅配・テイクアウト その他フードビジネス
雑貨・アパレル・インテリア リフォーム・クリーン・防犯 リサイクル
塾・各種スクール 健康・美容・理容 IT・通信 生損保・金融 他


2.FCビジネスの最前線

FC加盟による起業は、比較的成功確率が高くなっています。
起業時にノウハウがなくても、知識がなくても、料理の腕がなくてもできるビジネスであり、繁盛フランチャイズであれば、知名度もあり、集客力もあるというメリットがあるため、独立開業しても失敗するリスクが少ないといえます。
しかし、いくら成功確率が高いと言っても、成功する方としない方がいるのも事実です。

それでは、FC加盟にあたってどういうことに気を付けたらよいか見ていきましょう。

現在FCの置かれている立場は、むかしほど、圧倒的なものでは無くなってきました。
単独店舗では、道路の整備による交通量の減少、顧客ニーズの急速な変化の対応不足、インターネットなどの普及による情報の高速化、少子化時代の到来による顧客数の減少、競合店の乱立による顧客の奪い合いなどにとても対応できず、閉店に到る店舗も増えています。
加盟店オーナーも、単独店舗では生き残っていけないため、多店舗・多業態化をめざしています。
FC本部も、このようなオーナーのニーズに応えようと、それぞれに特色のある業態を次々と作り出しています。
気を付けなければならないのは、もし、売上が下がってきても、FC本部は売上アップのための方法論や新メニューのノウハウは教えてくれますが、FC本部が自社の店舗の赤字を補填してくれるということは絶対にない!ということです。

「FC店が閉店する理由」の多くは、安易にFCに加盟したためと言われているくらいです。
成功するオーナーの要因はこちら

では、前向きに、どのような本部を選ぶことが大事かについて、次の項で見てみましょう。


3.FC本部の選定

FC加盟する側にとって、FC本部の選定は、これからの命運を握っています。
まず、地域性を考え、マーケットを知り、本当にこの業態がこの街にマッチしているのか、集客ができるのかをしっかりと把握する必要があります。
  1. FC関係の本を購入し、各FC本部の内容を把握しましょう。また、各FC本部のホームページも見てみましょう。まずは、情報収集です。ありとあらゆる所から情報を入手しましょう。ポイントは、業種業態、特徴やセールスポイント、加盟金、保証金、投資額、事業収支計画、サポート業務内容などです。
  2. 興味を持った本部情報を選定し、その本部の投資金額を見て、投資回収期間が短いか、営業利益が高いかを検討してみましょう。
  3. 将来性を見極めることも大切です。これまで伸びていたとしても今後も伸びる保証はないのですから、自ら集めた情報により判断しましょう。
    赤字店の実態や、立地などについても積極的に情報を得ましょう。
  4. 実際にFC店舗の視察を行うときは、FC本部に連絡し実際の店舗を見せてもらいましょう。店舗視察をする前に、事前に1~3までの項目でわからないことや疑問点などがあった場合は、メモに書き留め、FC店舗視察の際にFC本部の営業に詳しく聞き、メモを取りましょう。次に、実際のFC店舗視察ですが、視察のポイントは、お客様の立場で、食事をしてみて、料理を食べ、サービスを見て、自分でも経営ができるかどうかを実感することが大切です。
  5. 法定開示書をFC本部からもらって、更に分析しましょう。法定開示書とは、契約内容のあらましをいい、契約書の内容を細かくわかりやすく書いた書類です。研修の内容、スーパーバイザー支援、マニュアルの整備、コンピュータシステムなど、不明な点や疑問点があれば、担当者に詳しく説明してもらうようにしましょう。
  6. 最後に、不明な点がなくなれば、加盟契約を行ってください。不安要素がある状態で加盟契約をするのは危険です。自分自身が納得して加盟に踏み切りましょう。

     

4.FCトラブルの検証

加盟店に一度なると、トラブルが起きても、そうそう変更できるものではありません。
ここでは、実際にあった本部とのトラブルについて解説しています。

その1 加盟店は「独立した経営体」

あるFC本部の嘆きです。
加盟店オーナーの中で何から何まで本部に頼ろうとするオーナーに、FC本部が頭を悩ませることもあります。
昨年、加盟店の指導にあたっているスーパーバイザーが、ある加盟店オーナーから頻繁に来る電話に悩んでいることが分かりました。30代後半の男性ですが、昼夜を問わず担当者の携帯に相談の電話がかかってくるというのです。
それも、ビジネスの話だけではなく、家族や個人のプライベートな悩みまでもです。スーパーバイザーは、人がよい性格だったこともあって、相談についてはすべて聞いてあげていたようなのです。
通常、そのFC本部では、1人のスーパーバイザーが10社程度を担当しているのですが、1日に3、4回も電話がかかってくるので、担当者はその加盟店オーナーだけにかかりっきりになり、相当疲れた様子が見えました。このままだとそのスーパーバイザーがまいってしまうなと思い、あわててスーパーバイザーを変えました。
その加盟店オーナーからは、「新しいスーパーバイザーの携帯電話番号を教えて欲しい」といわれたのですが、その加盟店オーナーに納得してもらい、教えませんでした。その後、追っかけ電話はなくなりましたが、前任のスーパーバイザーは退社してしまいました。

<ここから学べること>
・FC本部とFC加盟店は、それぞれ独立した経営体である。


その2 売上予測が違う!

FCに加盟する前は、日商52万月間純利益が70万は保証できるといわれました。
しかし、いざ営業してみると日商30万です。本部予測よりも、はるかに日商が少なかったため、FC加盟者がFC本部に対して損害賠償を請求するというトラブルに発展しました。
このようなトラブルの場合、加盟店側にも適正な情報を取得しようという努力が足りなかったと認定され、損害賠償額は過失相殺されるケースが多いようです。

<ここから学べること>
・FC本部は、FC加盟者が事業を成功できるように、継続的な指導・支援を行う必要がある。
・FC本部との契約・事業開始後の経営状態は、独立した加盟店オーナーが責任を負う。


その3 聞いてない!

FC契約書でのトラブルです。
  1. スーパーバイザーから売上保証しますという言質を取っても意味なし!
    ・・・しかし、契約書には「文書によって合意されないかぎり、本契約の変更・修正は効力を有しません」との定めがありました。
  2. 店舗が繁盛していても、競合店を出店される可能性!
    ・・・契約書に、「競合店は出店しない」と定められていました。ただし、「地域顧客の満足が得られなくなったと判断される場合は、本条項に拘束されずに適切な処置をとる」と定められており、この条項を適用して、地域の回転効率が悪いと判断され、近くに出店された。
  3. スーパーバイザーの指導料や交通費の負担!
    ・・・ロイヤリティーを支払っているにもかかわらず、契約書では、「スーパーバイザーの旅費・宿泊費・日当は加盟店が負担するものとする」と定められていました。
  4. 本部の一存で広告費の負担!
    ・・・本部が独自の裁断により広告宣伝を行ったが、契約書の「本部が広告を行った場合、加盟店は本部の定めた基準に従った分担金を支払わなければならないものとする」と定められており、多額な広告宣伝費の支払い義務が生じてしまいました。
<ここから学べること>
・フランチャイザー(FC本部)とフランチャイジー(FC加盟者)は、契約関係で結ばれており、お互いに権利と義務を有する。
・ FC本部は、自分で開発し、成功した事業を行う権利を、加盟者に与える。加盟者は、その対価として、加盟金やロイヤリティーなどのフランチャイズ・フィーを、本部に支払う。
・ 本部と加盟者は、それぞれ独立した経営体ではあるが、事業については同一のイメージで運営する。まったく資本関係のない会社が、外から見ると全く同じように見える。
・契約の際は、弁護士同席が重要である。


5.FCビジネスをお手伝いする小谷野公認会計士事務所サービスとは

全国400店での導入実績のある小谷野公認会計士事務所サービスのご案内・・・こちら



フランチャイズの基礎知識

フランチャイズ(FC)ビジネス
独自に開発し、確立したビジネスのノウハウを加盟店から一定の対価を受け取り指導し、同様の店舗を広めていく形態のビジネス。
店舗の立地選定、商品構成、運営方法などがノウハウに含まれる。

FC本部(フランチャイザー)
確立されたビジネスモデルを持ち、対価を受け取ることで、同様の店舗の開業・経営する権利を与える会社のこと。
ノウハウの他、情報・マークなどの商標を提供する。他方、宣伝・広告の義務を負うこともある。

FC加盟店(フランチャイジー)
FCビジネスにおいて、FC本部に対価を支払い、ノウハウの提供を受け、開業をした者(店)をFC加盟店という。
独立した自営業者であり、経営責任を負う。

ロイヤリティー(のれん料)
FC契約を結んだあと、FC加盟店が継続してFC本部に支払う金銭。FC本部がFC加盟店を指導したり、商標・看板を使用する対価となる。

法定開示書面
中小企業振興法で開示が義務付けられている書面。事業主の氏名、住所、資本金、FCビジネスの開始時期、加盟金、保証金、備品代、徴収時期、徴収方法、ロイヤリティーの金額あるいは算定方法、加盟店への経営指導の内容、契約期間、更新、解除に関する事項などの記載がある。

スーパーバイザー
FC本部がFC加盟店の指導のために訪問させるFC本部スタッフ。
FC本部によって派遣費をロイヤリティーに含めているところと、実費を請求するところがある