What's New 更新情報

2009.6.2号(VOL.34)

2009-06-02 (Tue) 22:40

■ 小谷野公認会計士事務所 メールマガジン 2009.6.2号

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.34) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

## 様

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 《経営のヒント》「ハラスメント」への過剰反応は、社員の病を増やす
──────────────────────────────────────

小谷野です。

鬱(うつ)病を考える5月の「のびよう会」、多くの方々にご参集いただき、ありが
とうございました。病状の見極め、原因分類、治療方法・期間など、とても勉強にな
りました。

社員のうつ病予防、早期発見のために、経営者が念頭におくべきキーワードは、
「アナログ・コミュニケーション」でした。

部下との面前(アナログ)によるコミュニケーションが重要で、プライベートを含め
た会話が、予防や早期発見につながるようです。

メールなどの活字(デジタル)によるコミュニケーションは、他のコミュニケーショ
ンとくらべ最も伝達情報が少なく、つまり、電話と異なり声のトーンも分からない、
面前と異なり顔の表情も分からないというデメリットがあります。さらに、活字が
意図なく人を大きく傷つけてしまう局面が多いようです。

このアナログ・コミュニケーションを阻害することがあります。それは「パワハラ」
「セクハラ」への過剰反応です。

部下を飲食に誘うとパワハラと指摘され(挙げ句の果てに、上司との飲食時間につい
て部下から残業請求され)、プライベートな質問はセクハラと指摘され……。

上司が部下に声を掛けることに慎重になっている風潮があります。

ハラスメントへの過剰反応は、組織内のコミュニケーションを減らし、管理者・従業
員双方にとってマイナスが多いとの認識が必要でしょう。

   ~ 個人情報保護法で卒業生名簿も無くなった!?  小谷野でした~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 《第13回「のびよう会」セミナー》 6月17日(水)15:00~17:50
──────────────────────────────────────

隼あすか法律事務所 弁護士 角田 邦洋氏をお招きして、「知的財産」についての
セミナーを開催いたします。セミナー終了後には、ご参加いただきました皆様のご発
展のために、ビジネス交流会を開催します。小谷野公認会計士事務所とお取引のない
企業様も大歓迎です。是非ご参加ください!!

【テーマ】 知的財産とはこう付き合え!!

【日 時】 平成21年6月17日(水)
       セミナー 15:00~17:00
       交流会  17:00~17:50

【内 容】 特許権、実用新案権、意匠権、著作権、商標権・・・
      皆さん、これらの言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。
      これらは知的財産権と呼ばれています。

      現代の高度な情報化社会では、企業の技術が容易に流出し、その競争力
      が奪われています。このため、企業技術等を知的財産権として国をあげ
      て法律的に保護するようになりました。

      また、書籍に掲載されているものをそのまま流用していた、既に他社に
      登録されていた技術を新しいアイデアとして利用していたなど、気づか
      ないうちに他社の知的財産権を侵害してしまっていることがあるかもし
      れません。

      今回は、他社の知的財産権を侵害しないために、知的財産権の内容を
      理解し、また、どのように自らの企業技術等を活用、保護していくのか
      侵害された場合にどのように権利行使していくのかを一緒に勉強する
      セミナーです。

【講 師】 隼あすか法律事務所(http://www.halaw.jp/
      弁護士 角田 邦洋氏

【交流会】 ご参加いただきました皆様による名刺交換・ビジネス
      交流タイムです!簡単なお食事を用意してございます。
【会 場】 小谷野公認会計士事務所 会議室C
【定 員】 20名様
【参加料】 御一人様5000円(消費税込)当日現金にてお支払い下さい。
【申込方法】ホームページの「セミナー申込み」、このメールにご参加の旨を
      記載の上ご返信下さい。
      http://koyano-vp.com/form.html

【お問合せ】小谷野公認会計士事務所 事務局        
      電話番号:03-5350-7435 FAX:03-5350-7436

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 金融ファクシミリ新聞社セミナー
  『中小オーナー企業を支えるM&A税務戦略』
──────────────────────────────────────

M&Aや組織再編は、今や中小オーナー企業にとっても存続や発展のための経営手段と
して日常化している。ただその手法は様々で、ケースによっては複数の代替案が想定
され、課税関係も異なってくるなど、注意を要する。そこで本講演では、このような
企業を支える融資・投資・コンサルティング担当の皆様のために、中小オーナー企業
がM&A・組織再編する際の課税上の留意点について、事例を使った実践的で易しい解
説を試みる。

【講 師】小谷野公認会計事務所
     所 長 小谷野 幹雄(公認会計士・税理士・証券アナリスト・MBA)
     副所長 長谷川 徳男(公認会計士・証券アナリスト・CFP )
【開催日】2009年7月6日(月)
【時 間】13:30~16:30

 詳細はこちら ⇒ http://www.fng-net.co.jp/seminar/smn1225.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────
 ●書籍のご案内
  「ケーススタディ M&A会計・税務戦略」 
   詳細 ⇒ http://koyano-cpa.jp/books

 ●小谷野公認会計士事務所のスタッフブログ
  http://koyano-cpa.jp/blog

 ●小谷野幹雄のブログ
  http://koyano-cpa.jp/mikioblog/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫               
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所 http://koyano-cpa.gr.jp
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒  http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━