What's New 更新情報

ベンチャーパートナー通信(VOL.10)2008.8.26号

2008-08-26 (Tue) 14:23
■ 小谷野公認会計士事務所 メールマガジン 2008.8.26号
   ベンチャーサポートサイト:http://koyano-vp.com/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.10)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 少しの気付きが経営の大きなヒントになる
┃  ≪成長を志すベンチャー経営者のためのメルマガ≫
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お知らせ:
 《セミナー開催情報》9月10日(水)
    公的施策活用支援のスペシャリスト 株式会社ラックによる
    『中小企業公的融資・助成金』の具体的活用方法

        ★詳細・参加申込み: http://koyano-vp.com/page0120.html

目次:
 《経営のヒント》    仏教と経営
 《会計・税務の知識》人材投資促進税制の見直し

ホームページの紹介:
 『ベンチャーサポートサイト』http://koyano-vp.com/
 『オフィシャルサイト』   http://www.koyano-cpa.gr.jp/
  
====================================================================

ベンチャーパートナー通信VOL.10をお送りさせていただきます。

このメールマガジンをご覧になられた少しの気付きが、皆さんの経営
の大きなヒントになれば幸いです。

《ベンチャーパートナー》
小谷野公認会計士事務所は創業の時、この言葉を理念として掲げ
これから成長する中小企業のサポートを開始しました。
成長を志すベンチャー経営者のサポートに全力を尽くします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■        お知らせ 《セミナー開催情報》
■       http://koyano-vp.com/page0120.html
──────────────────────────────────

■9月10日開催 『中小企業公的融資・助成金』の具体的活用方法

 全国の中小企業向け公的施策活用支援事業を手がけるベンチャー企業
 経営者の強い味方 株式会社ラック 公的施策事業部チーフコンサル
 タントの大類映夫氏をお迎えします。
 大類氏は毎月何本もの中小企業融資・助成金セミナーも担当されている
 『中小企業公的融資・助成金』のスペシャリストです。

 <支援実績>
  ◇新事業活動促進法(旧経営革新支援法)承認取得(承認件数:1,066件)
  ◇助成金・補助金申請支援 (採択件数:183件)
  ◇公的融資申請支援 (総額:約274億円)
  ◇創業支援、ベンチャーキャピタル紹介支援、上場支援 (101社)
  ◇ビジネスマッチング支援 (121社)

    9月10日(水)15:00~17:00

  オープニング:小谷野公認会計士事務所 代表 小谷野幹雄

   講師:株式会社ラック
     公的施策事業部チーフコンサルタント 大類映夫氏
          http://www.rac-inc.co.jp

  会場:小谷野公認会計士事務所/会議室C


 セミナー終了後、参加者同士の情報交換会を1時間ほど予定しております。
  情報交換会では簡単なお食事を用意しております。
 参加料: 5,000円

  ★詳細・参加申込み: http://koyano-vp.com/page0120.html

 ※お申込は経営者に限らせていただきます。

■今後のセミナー予定

  10月 8日(水)  労使トラブル 未然防止のノウハウ
  11月12日(水)  【特別企画】のびる経営者の話を聞く会
  12月10日(水)  年末に行うTAXプランと来期の事業計画

   ※タイトル・内容につきましては、変更になることがございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■      《経営のヒント》 仏教と経営
──────────────────────────────────
小谷野です。   

夏休みをいただき、バンコクに行ってきました。
顧問先のバンコク法人の訪問、米大学院同窓でバンコク銀行(東南アジア
最大の銀行)の知人と17年ぶりの再会、現地起業家、ビジネスマンらとの
会食など、楽しい時間をすごすことができました。また滞在中には、タク
シン元首相の亡命による市民の動揺・憤怒を直接感じ、ラーマ9世王妃の
誕生日(タイの母の日8/12)イベントなども経験できました。


1.タイ人の国民性
  同じ仏教徒としての規律の良さを実感しました。どこでもお客様を
  迎える際に、両手を合わせる合掌は、礼儀正しさ、おもてなしの心
  (Politeness, Hospitality)に溢れた国民性を強調する仕草です。
  旅行客で、タイの虜になる方が多いのもうなずけます。

2.小乗(上座部)仏教と大乗仏教
  タイ、ミャンマーなどで中心となっている小乗(上座部)仏教は、
  自ら出家して修行を積んだ者が悟りを開くことができ、救われると
  いう教えです。一方、日本・韓国で中心になっているのは大乗仏教
  であり、大きな乗り物の中、出家者のみならず、慈悲の精神により
  すべての人々を救う事を目的としています。こんなに簡単に解説す
  ると宗教家の方々におしかりを頂戴しそうですが・・・
  ご容赦ください。

  男子が一定期間出家する習慣を実行する人はタイでも少なくなって
  きているようですが、起業家で出家経験のある経営者の方に話を伺
  いました。僅か数週間の出家でも意義深く、単なる宗教心の向上で
  はなく、「無」になり自分を見直す、自分を見据える時間として
  貴重なのだといいます。ゼロを見つめ、ゼロを受け入れることが
  できれば、失敗は怖くないし、無限の発展を確信できる、心の強さ
  を持つことが出来るのでしょう。

3.経営の語源
  経営という言葉は、「お経を営む」と書くことから仏教が語源と
  いう説があります。
  そうであれば、真実を貫き、お客様、従業員、また社会の多くの
  人々を幸せにしなくてはならないのです。

  偽装、粉飾などの時事用語の対極の言葉が経営といえるでしょう。


    ~東南アジアでは、にわか宗教家になる小谷野でした~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》人材投資促進税制の見直し
──────────────────────────────────
平成20年度税制改正により教育訓練費の額が増加した場合の法人税額の特別
控除が改正されました。
人材投資を継続的に増加させることが困難な中小企業に配慮して、教育訓練
費の増減にかかわらず税額控除を受けられるよう適用要件が緩和され、従来
はこの制度の適用が困難であった中小企業でも積極的な活用が見込まれるよ
うになります。今回はその改正点を簡単に説明したいと思います。

1.改正のポイント

 1)この制度の適用対象者を中小企業者等(資本金の額が1億円以下)に
   限定しました。(大法人については、平成20年3月31日までに開始
   する事業年度をもって廃止されました)

 2)教育訓練費の増加要件を撤廃し、適用事業年度の労務費(給与等、
   法定福利費、教育訓練費の合計額)に占める教育訓練費の割合
   (以下「教育訓練費割合」という。)が0.15%以上の場合には、支出
   した教育訓練費の総額の8%~12%相当額を法人税額から控除する
   制度に改正されました。


2.具体例

  (1)給与等    4,500万円
  (2)法定福利費    480万円
  (3)教育訓練費     20万円
  ------------------------
  (4)労務費合計 5,000万円

  この場合には、(3)教育訓練費 ÷ (4)労務費合計 = 0.4% と、
  教育訓練費割合が 0.15% 以上となり適用があります。

   控除額は 200,000円×12.0%=24,000円 となります。
  (乗じる割合は、教育訓練費割合に応じ一定の算式で計算します)

  ただし、上記の算式の控除額を無制限に控除できるわけでは無く、
  法人税額の20%相当額が限度額となっています。


 ┌─────────────────────────────┐
  このように、教育訓練費の支出額があれば、一定額を控除できる
  制度に変更となりましたので、これを機会に会社の教育訓練又は
  人材育成関連の支出について一度考えてみてはいかがですか。
 └─────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■                   ホームページの紹介
──────────────────────────────────
『ベンチャーサポートサイト』
小谷野公認会計士事務所のベンチャーサポート専用サイトです。
成長企業の役に立つ情報を発信中です。ぜひご覧下さい。
http://koyano-vp.com/

『小谷野公認会計士事務所 オフィシャルサイト』
小谷野公認会計士事務所の公式サイトです。
時代のスピード変化に対応した財務・会計・税務戦略を提供することにより
お客様の事業経営を的確にサポートしていきます。
http://www.koyano-cpa.gr.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今回のメルマガはいかがだったでしょうか?
どの様なヒントがえられたでしょうか?
少しの気付きを大切にできる方が、大きな成長を遂げることができると
信じています。
疑問点や気になることは、お気軽に当事務所へお尋ね下さい。
※他の方への情報共有のために、匿名で公開させていただく場合があります。

■小谷野公認会計士事務所 ベンチャーサポートサイト
http://koyano-vp.com/

■ベンチャーパートナー通信 バックナンバー
http://koyano-vp.com/blog80404102211c.html

■小谷野公認会計士事務所 公式サイト
http://www.koyano-cpa.gr.jp/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫               
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Copyright(C) 2008 小谷野公認会計士事務所 All rights reserved.

┃※このメールの本文は著作権により保護されていますが、
┃ ビジネスやプライベートでお役に立てるのであれば、
┃ 商用の場合を除き、ご自由に転送、転載していただいて構いません。
┃ その際には、出典の明記をお願いいたします。

┃▼メールマガジンを途中で解除したい方は、
┃ こちらのURLから登録解除を行うことができます。
┃ ⇒  http://www.mag2.com/m/0000262595.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━