What's New 更新情報

​■小谷野会計グループメールマガジン2018.11.30号

2018-11-30 (Fri) 11:14
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪小谷野会計グループメールマガジン≫(VOL.515) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

■《経営のヒント》モチベーション力~真のおもてなしとは~

■《会計・税務の知識》観光先進国実現に向けて

■《第122回のびよう会望年会》12月11日(火)18:00~

  中西哲生氏による
  サッカーから学ぶ勝つための組織づくり 

■《早期経営改善計画を策定しよう!》

  専門家の力を借りて自社の経営を見直しませんか?


■《お知らせ》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》モチベーション力~真のおもてなしとは~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。

日本パラリンピック委員会副委員長の高橋秀文さんの話を聞く機会がありました。
パラリンピックの意義は、パラリンピアンの力を通じて人々に気づきを与え理想の共生社会を実現させることで、様々なパラリンピアンのエピソードをご紹介いただきました。

日本の障がい者ノルディックスキー選手、新田佳浩さんのエピソードです。
クロスカントリー、バイアスロンの種目でパラリンピックに4回連続で出場されています。
新田選手は3歳の時に、祖父の操作する脱穀機に腕を巻き込まれて肘以下を失いました。その後の成長過程において祖父との関係は言葉にできないほど深いものであったそうです。

「大好きなおじいちゃんに金メダルを」
これをモチベーションとして競技人生に打ち込み、そして見事に2010年バンクーバー・パラリンピックで金メダルを獲得し、祖父にプレゼントしました。
祖父はその後間もなく亡くなり、新田選手は目標、モチベーションを失い、ソチ・パラリンピックではメダルがなく、競技人生が危うくなったそうです。

しかし、その後結婚して2人の子供ができ、「おじいちゃんから、子供のために金メダル」のモチベーションから、今年37才で平昌パラリンピック・クロスカントリーで見事に復活、金メダルを獲得しました。

経営的な観点からは、松下幸之助の「部下のモチベーションを上げる、盛り上げることが、マネージャーの最大の仕事である」という名言を思い出しました。

ところで、真の「おもてなし」の話にも啓蒙されました。
2020年東京パラリンピックにおいて世界から集まる4400人のパラリンピアンへの真のおもてなしは、浅草寺や東京スカイツリーではなく、会場を埋める観客だそうです。
空港、ホテル、会場を往復する選手への最大のおもてなしは、各会場を日本戦以外も満席にすることであり、「無関心は最も恥ずべきことです」と力説されていました。
つまり、チケット購入だけに協力するのではなく、実際に会場に足を運ぶことが重要と念押しされました。そこで、引用されたマザーテレサの言葉です。

「愛の反対は憎しみではなく「無関心」です。」


   ~ 家では無関心の対象、小谷野でした ~


*このブログの写真及びバックナンバーをご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》観光先進国実現に向けて
──────────────────────────────────────────────────────
2020年の東京オリンピック・2025年の大阪万博に向けて
さらに訪日客が増加していく事が予想されます。

税制でも、観光先進国の実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための政策が
施行されています。(担当:渡邊)


       ▼詳細はこちら▼
 http://koyano-vp.com/page0185.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第122回のびよう会望年会》

 中西哲生氏による
 サッカーから学ぶ勝つための組織づくり 
──────────────────────────────────────────────────────

元サッカー選手/スポーツジャーナリストの中西 哲生氏にご登壇頂きます。 
 
中西氏は、グローバルな視点で世界全体のスポーツ文化振興に尽力している
一般財団法人  UNITED SPORTS FOUNDATION の賛同アスリートとしても活躍されています。 

後半では来年のさらなる発展を望み 『望年会』 を開催いたします。
「のびよう」を掛け声に、来年をさらなる飛躍の年としていただければ幸いです。 

【日 時】平成30年12月11日(火)
   講演会 18:00~19:00
   交流会 19:00~21:00

【講 師】元サッカー選手/スポーツジャーナリスト
   中西 哲生氏
  
【会 場】ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)

【定 員】130名様

【参加費】お一人様10,000円(税込)
    ※関与先様は2名様ご招待。

【申込方法】HPの「お問合せフォーム」、お電話、メールにて承ります。
     ※メールの場合はこちらのメールにご返信下さい。

↓お申込み・詳細はこちら↓
http://koyano-vp.com/page0120.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《早期経営改善計画を策定しよう!》

専門家の力を借りて自社の経営を見直しませんか?
──────────────────────────────────────────────────────

国が認める士業等専門家(認定支援機関)の支援を受けて
資金実績・計画表など早期の経営改善計画書を策定する場合、
専門家に対する支払費用の2/3(上限20万円まで)が補助されます。

計画書を作るメリットは?

・自社の経営の見直しによる経営課題の発見や分析ができます。
・資金繰りの把握が容易になります。
・事業の将来像について金融機関に知ってもらうことができます。


認定支援機関である小谷野会計グループでは個別相談を実施しています!
↓↓詳細はこちら↓↓
http://koyano-vp.com/page0188.html


↓↓詳細は中小企業庁HPへ↓↓
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2017/170510kaizen.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
─────────────────────────────────────────────────────

●小谷野会計グループは経済産業省、全国の商工会議所が推進する
「健康経営」に取り組みます!
http://koyano-vp.com/page0197.html

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0194.html

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野会計グループスタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

●当グループのFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■発行元:小谷野会計グループ http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ https://y.bmd.jp/bm/p/f/tf.php?id=koyano&task=cancel
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この記事を表示

​■小谷野会計グループメールマガジン2017.6.8号

2017-06-08 (Thu) 15:30
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫(VOL.436)http://koyano-cpa.gr.jp┗━━━━━━━━━━━━━...
記事全文を読む

証券新聞5/25号「国外転出時課税の贈与、相続の取扱い」

2017-05-25 (Thu) 14:49
Q1.上場株式を5億円程度保有している者ですが、娘が海外に居住しています。非居住者に上場有価証券を承継させる時は国外転出時課税の対象になると聞きました。私が亡くなり非居住者に有価証券すべてを「相続」さ...
記事全文を読む

証券新聞5/9号「RSUの確定申告漏れについて」

2017-05-09 (Tue) 10:43
Q.私は外国法人の親会社を有する日本法人に勤めており、ボーナスとして金銭の代わりに親会社のRSU(リストリクテッド・ストック・ユニット)が付与されました。過去、RSUの権利が確定し、取得した親会社株式...
記事全文を読む

証券新聞4/20号「投資信託の税制」

2017-04-20 (Thu) 17:47
Q.私は今まで上場株式のみを投資の対象としてきましたが、投資信託にも投資を始めようと考えています。投資信託の税制について教えてください。A.一.証券投資信託の分類証券投資信託は次のように分類されます。...
記事全文を読む

証券新聞4/6号

2017-04-07 (Fri) 09:50
「被合併法人の株主の課税関係について」​Q.私が株主となっている会社が合併により消滅することになり、私を含め株主には新たに合併法人の株式が交付されるようです。この合併における私(被合併法人の株主)の課...
記事全文を読む

証券新聞3/16号「特定公社債の価値が失われた場合の取扱い」

2017-03-16 (Thu) 10:57
Q.平成25年税制改正による金融所得課税の一体化により、平成28年以降は特定公社債を特定口座(源泉徴収あり)に受入れ運用していました。この度、社債を発行している会社が会社更生法の手続きを申請し、社債の...
記事全文を読む

証券新聞3/2号「税制改正 法人税(役員報酬)」

2017-03-02 (Thu) 10:36
平成28年12月22日に平成29年度税制改正の大綱が閣議決定されました。このうち、役員給与等に係る改正案をご紹介いたします。 役員報酬に関しては、コーポレートガバナンスの強化に向けた取り組み...
記事全文を読む

証券新聞2/16号

2017-02-16 (Thu) 15:37
『税制改正法人税(所得拡大促進税制)』​平成28年12月22日に平成29年度税制改正の大綱が閣議決定され、平成29年2月3日には法案が国会に提出されました。このうち、所得拡大促進税制の見直しについてご...
記事全文を読む

証券新聞2/2号「税制改正 法人税(スピンオフ)」

2017-02-02 (Thu) 10:01
平成28年12月22日に平成29年度税制改正の大綱が閣議決定されました。法人税においては、組織再編税制の見直しが注目されますが、今回は、このうち、所謂“スピンオフ(税制)”につ...
記事全文を読む

証券新聞1/19号「税制改正 法人税(研究開発税制)」

2017-01-19 (Thu) 09:28
平成28年12月22日に平成29年度税制改正の大綱が閣議決定されました。このうち、研究開発税制の改正案をご紹介いたします。1.改正の概要平成29年度税制改正では、競争力強化のための研究開発税制の見直し...
記事全文を読む

証券新聞1/10号「税制改正 資産税課税」

2017-01-10 (Tue) 09:23
平成28年12月22日に平成29年度税制改正の大綱が閣議決定されました。このうち、相続税の主要な項目をご紹介いたします。1.相続税改正の概要平成29年度税制改正では、納税猶予制度、納税義務者、物納制度...
記事全文を読む

証券新聞12/22号「税制改正 個人所得課税」

2016-12-22 (Thu) 14:08
平成28年12月8日に平成29年度税制改正の大綱が、自由民主党・公明党両党より公表されました。このうち、個人所得課税の主要な項目をご紹介いたします。1.個人所得課税改正の概要経済社会の構造変化を踏まえ...
記事全文を読む

証券新聞12/8号

2016-12-08 (Thu) 15:20
「法人税法上の有価証券の期末評価及び減損処理」Q1.私は上場企業の財務・経理部に所属する新入社員です。弊社の保有している有価証券は、短期間でキャピタルゲインを得ることを目的としている有価証券や他企業へ...
記事全文を読む

証券新聞11/17号「みなし外国税額控除(ブラジル国債)」

2016-11-17 (Thu) 17:57
Q.リオオリンピック開催に湧いたブラジルの国債購入を検討しています。平成25年度税制改正において税金関係が見直されたようですが、これからブラジル国債に投資するにあたり留意点等はありますでしょうか。&n...
記事全文を読む

証券新聞11/4号

2016-11-04 (Fri) 09:41
「(税制改正要望)上場株式の相続税評価額」Q.私の父は資産運用のために上場株式を10銘柄ほど所有しています。中には優良銘柄もあり、手放すのはもったいないと父が言っているので、いずれ父に相続が発生した場...
記事全文を読む

証券新聞10/20号「ストック・オプションの相続税評価」

2016-10-20 (Thu) 09:43
Q.父が亡くなり相続が発生しましたが、相続財産の中に父が生前に勤めていた会社から付与されたストック・オプションがあります。父の相続税の申告にあたり当該ストック・オプションの評価額はどのように計算すれば...
記事全文を読む

証券新聞10/6号

2016-10-06 (Thu) 10:29
証券新聞10/6号「上場株式を相続した際及び相続後売却した場合の税務上の留意点」Q.先日亡くなった父の遺産の整理をしていたところ、複数の金融機関に多くの銘柄の上場株式を保有していたことがわかりました。...
記事全文を読む

証券新聞9/26号

2016-09-26 (Mon) 16:04
「外国法人が所有する内国法人株式譲渡の取り扱い」Q.私が役員を務める外国法人は内国子法人の株式を所有しています。今回、当該外国法人は内国子法人の株式を譲渡しようと考えています。その場合、外国法人に対し...
記事全文を読む

証券新聞9/8号「LLPに関する税務の取扱い」

2016-09-08 (Thu) 18:04
Q.私は、有限責任事業組合(以下、LLPといいます。)に組合員(LP)として投資していますが、組合損益について、税務上の取扱いが分からないので教えてください。 A.ご質問のLLP(Limit...
記事全文を読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>