What's New 更新情報

​■小谷野会計グループメールマガジン2018.10.18号

2018-10-18 (Thu) 15:00
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪小谷野会計グループメールマガジン≫ (VOL.509) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

■《経営のヒント》イグ・ノーベル賞~笑わせ、考えさせる~

■《会計・税務の知識》事業税の分割基準について

■《第121回のびよう会セミナー》11月21日(水)15:00~

  平成30年度 厚生労働省委託事業
  働き方を見直して人手不足解消と生産性向上を目指しませんか?

■《第122回のびよう会望年会》12月11日(火)18:00~

  中西哲生氏による
  サッカーから学ぶ勝つための組織づくり 

■《早期経営改善計画を策定しよう!》

  専門家の力を借りて自社の経営を見直しませんか?

■《お知らせ》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》イグ・ノーベル賞~笑わせ、考えさせる~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。

今年もイグ・ノーベル賞の授賞式がハーバード大学でありました。
イグ・ノーベル賞は、「笑わせ、そして考えさせる」をコンセプトにした1991年から始まったノーベル賞の
パロディー版とも言われます。

日本人が見事に12年連続受賞となりました。
長野県の昭和伊南総合病院の堀内博士が大腸内の内視鏡検査で、
座ったまま自分で使用できる方法(通常は横になって行う)を開発したのが
その受賞理由です。検査が身近になり小児患者には特に役立つそうです。

2018年は、この他、

・ジェットコースターで腎臓結石、尿管結石を除去する研究
・チンパンジーが人間の真似をすることの証明
・人間の唾液が洗剤と同等の働きを持つことを測定した研究
・自動車運転中に叫んだ暴言頻度、動機、その効果の測定

などなど、どれもまずは笑いを誘います。

現在、東京水道橋の東京ドームシティでイグ・ノーベルの世界展を開催中(~11/4)です。
過去の受賞研究がパネルや立体模型でよくまとまっています。
ノーベル賞とイグ・ノーベル賞の国別受賞者数を並べてみると、発見がありました。
ノーベル賞受賞者数上位であるドイツのイグ・ノーベル賞の受賞数が異様に少ないのです。
お堅い文化感、奇人が少ないのか理由はよく分かりません。
こんな発見でも、賞に応募したくなります。

  ~ IGNOBLE(下品)とよくいわれる、小谷野でした ~

*このブログの写真及びバックナンバーをご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》事業税の分割基準について
──────────────────────────────────────────────────────

法人事業税とは、法人が行う事業に対して課される税金です。
法人の種類や業種によって計算方法が違いますが、一般的な事業会社であれば、
所得金額に税率を乗じることで税額が算定され、事務所又は事業所
(以下、「事務所等」)が所在する都道府県に納めます。
そして、事務所等が複数の地域にある場合に課税標準額を一定の割合で分割して
税額を計算することを事業税の「分割基準」といいます。(担当:増山)

          ▼詳細はこちら▼
    http://koyano-vp.com/page0185.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第121回のびよう会セミナー》

平成30年度 厚生労働省委託事業
働き方を見直して人手不足解消と生産性向上を目指しませんか?
──────────────────────────────────────────────────────

働きがいが得られ、働きやすい職場づくりの実現には、
過重労働の解消を図ることが重要です。

過重労働の現状と、過重労働防止に向けた対策や
取組事例などを具体的にご紹介いたします。

セミナー終了後には、ご参加いただきました皆様のご発展のために、
ビジネス交流会を開催します。
弊社とお取引のない企業様も大歓迎です。お気軽にご参加下さい!!


【日 時】平成30年11月21日(水)
   セミナー15:00~16:50
   交流会 17:00~17:50

【講 師】弁護士・中小企業診断士
   藤堂 武久氏
  
【会 場】小谷野税理士法人 セミナールーム

【定 員】20名様

【参加費】無 料

【申込方法】HPの「お問合せフォーム」、お電話、メールにて承ります。
     メールの場合はこちらのメールにご返信下さい。

↓お申込み・詳細はこちら↓
http://koyano-vp.com/page0120.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第122回のびよう会望年会》

  中西哲生氏による
  サッカーから学ぶ勝つための組織づくり 
──────────────────────────────────────────────────────

元サッカー選手/スポーツジャーナリストの中西 哲生氏にご登壇頂きます。 
 
中西氏は、グローバルな視点で世界全体のスポーツ文化振興に尽力している
一般財団法人  UNITED SPORTS FOUNDATION の賛同アスリートとしても活躍されています。 

後半では来年のさらなる発展を望み 『望年会』 を開催いたします。
「のびよう」を掛け声に、来年をさらなる飛躍の年としていただければ幸いです。 

【日 時】平成30年12月11日(火)
   講演会 18:00~19:00
   交流会 19:00~21:00

【講 師】元サッカー選手/スポーツジャーナリスト
   中西 哲生氏
  
【会 場】ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)

【定 員】130名様

【参加費】お一人様10,000円(税込)
    ※関与先様は2名様ご招待。

【申込方法】HPの「お問合せフォーム」、お電話、メールにて承ります。
     ※メールの場合はこちらのメールにご返信下さい。

↓お申込み・詳細はこちら↓
http://koyano-vp.com/page0120.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《早期経営改善計画を策定しよう!》

専門家の力を借りて自社の経営を見直しませんか?
──────────────────────────────────────────────────────

国が認める士業等専門家(認定支援機関)の支援を受けて
資金実績・計画表など早期の経営改善計画書を策定する場合、
専門家に対する支払費用の2/3(上限20万円まで)が補助されます。

計画書を作るメリットは?

・自社の経営の見直しによる経営課題の発見や分析ができます。
・資金繰りの把握が容易になります。
・事業の将来像について金融機関に知ってもらうことができます。


認定支援機関である小谷野会計グループでは個別相談を実施しています!
↓↓詳細はこちら↓↓
http://koyano-vp.com/page0188.html


↓↓詳細は中小企業庁HPへ↓↓
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2017/170510kaizen.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
─────────────────────────────────────────────────────
●10/17(水)開催 第120回のびよう会
「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい
人生100年時代のM&A入門」は満席のため受付終了いたしました。

●小谷野会計グループは経済産業省、全国の商工会議所が推進する
「健康経営」に取り組みます!
http://koyano-vp.com/page0197.html

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0194.html

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野会計グループスタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

●当グループのFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■発行元:小谷野会計グループ http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ https://y.bmd.jp/bm/p/f/tf.php?id=koyano&task=cancel
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━