What's New 更新情報

​■小谷野会計グループメールマガジン2018.4.26号

2018-04-26 (Thu) 18:00
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.485) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

■《経営のヒント》イタリアの税制~伊訪問記[2]~

■《会計・税務の知識》事業所税の制度概要について

■《のびよう会セミナー》社員が辞めない風土作り~秘訣は『健康経営』にあり~

■《お知らせ》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》イタリアの税制~伊訪問記[2]~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。
5年ぶりのイタリア訪問記の続きです。今回は真面目な税金の話です。

(消費税-VAT付加価値税)
イタリアの標準税率は22%ですが、軽減税率があります。食肉、卵、薬などは10%、生鮮野菜、
牛乳、チーズ、パスタ、新聞などは4%です。

日本も来年の消費税率10%への引き上げ時に軽減税率が導入される予定です。
伊での教訓ですが、消費税率も20%という水準になると、脱税が増えます。
個人宅の内装工事の発注などで、現金支払いで領収書不要なら2割引という取引がよくあるそうです。
イタリアでは実際の税収額の2割以上の脱税額があると言われています。
この防止策として、現金取引の上限設定、インボイス方式(税計算のための厳格な証憑)の導入が
予定されています。

(法人税・所得税)
日本では30%位の法人税負担が、イタリアでは実質25%以下で済むことが、個人会社が多い理由の一つでもあります。

一方、所得税負担は高く、高所得者50%程度の税負担は日本とあまり変わりませんが、
低・中所得者層の税負担は日本と比較にならないほど高いです。

低所得者でも30%程度の税負担があります。
しかし、これはイタリアが高いと言うよりも、所得税負担率10%以下の層が8割以上という日本の現状制度に異常性があるようです。

(相続税率)
税率は4%で基礎控除も1.3億円あります。
日本の最高税率55%で基礎控除3000万円と比較すると税負担が極端に低い国と言って良いでしょう。

昔、財産とともに母と娘がイタリアに移住したケースがありましたが、その背景にはこの税制がありました。
ファミリー会社(日本で言う同族会社)の相続が容易であり、ノウハウや伝統を受け継ぎやすい環境とも言えます。

日本も先月、平成の徳政令といわれる会社相続の特例措置が導入されました。
(詳しくは http://koyano-cpa.sblo.jp/article/182695575.html )

ところで会計の世界の話ですが、複式簿記はイタリア人数学者ルカ・パチョーリが繁栄していた商業の街、
ベネチア商人の様々な取引を整理するために発明したと言われています。
商業と銀行業の記録・計算のために発達したようです。
ちなみに銀行業もイタリアが発祥で、12世紀に伊で両替に使った長机(banco)がバンクの語源にもなっています。
この他、イタリア起源としては、クラッシック音楽、オペラ、最古の総合大学といわれるボローニア大学、フランス料理も
フランス王アンリ2世に嫁いだイタリア・メディチ家からカトリーヌが持ち込んだ料理が起源と言われています。

     ~ みやげに香水買って、にわかイタリア男 小谷野でした ~

*ブログのバックナンバー及び写真をご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》事業所税の制度概要について
──────────────────────────────────────────────────────

日本の指定都市等に事務所又は事業所を設けて事業を行う法人又は個人に対して、
都市環境の整備及び改善に関する事業に要する費用に充てることを目的として課す
税金を事業所税と言います。

この事業所税は人口・企業が集中し、都市環境の整備を必要とする都市の
行政サービスとそこに所在する事務所又は事業所との受益関係に着目して、
資産割と従業者割という外形標準で課税する地方税です

       ▼詳細はこちら▼
 http://koyano-vp.com/page0185.html
                         (担当:増山)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《のびよう会セミナー》社員が辞めない風土作り~秘訣は『健康経営』にあり~
──────────────────────────────────────────────────────

健康経営とは、従業員の健康増進に配慮して、健康管理を経営戦略として
実施することによって、生産性向上による企業の発展を目指す経営手法のことです。

深刻なひとに関する悩みを持つ経営者の皆さんへ『健康経営』導入をお勧めします。
健康経営は従業員の生産性向上やコスト削減、企業のイメージアップ等にも
つながります。

セミナー終了後には、ご参加いただきました皆様のご発展のために、
ビジネス交流会を開催します。
弊社とお取引のない企業様も大歓迎です。お気軽にご参加下さい!!

【開催日】平成30年5月16日(水曜日)
15:00~17:50 ※14:30~受付開始

【講 師】シンワラボ株式会社 代表取締役 加藤 シゲキ氏

【会 場】小谷野税理士法人 セミナールーム

【参加費】お一人様3,000円(税込)
    ※関与先様、取引先、お取引先様等からのご紹介の
     場合は「無料」です。

【定 員】20名様
   ※当事務所とお取引のない企業様も歓迎です。
    お気軽にご参加下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
────────────────────────────────────────────────────

●小谷野会計グループは経済産業省、全国の商工会議所が推進する
「健康経営」に取り組みます!
http://koyano-vp.com/page0197.html

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0194.html

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野会計グループスタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

●当グループのFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野会計グループ http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━