What's New 更新情報

​■小谷野会計グループメールマガジン2018.3.22号

2018-03-22 (Thu) 17:30
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.480) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

●《経営のヒント》時間当たりの労働生産性~意識の変革~

●《会計・税務の知識》中期経営計画の作り方[1]

●《第114回のびよう会セミナー》4月18日(水)15:00~

  平成の徳政令「新事業承継税制」

●《平成29年度補正 ものづくり補助金:補助上限額1,000万円》

●《お知らせ》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》時間当たりの労働生産性~意識の変革~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。

日本の時間当たりの労働生産性ランキングはOECD(*)35ヶ国中20位とのことです
(公益財団法人日本生産性本部)。

よく、日本人は働き方がヘタだと言われますが、これが数値にも表れています。
しかし、私は日本人の平均的な能力が劣っているとは思いません。
労働に対する意識の違いが原因だと思います。

日本では生活や意識の中心に常に仕事がありますが、海外では仕事以外に意識の中心がある場合が多いようです。
欧州企業では、日々の労働において、各人が帰社時間を決めています。
その決めた時間に帰るために、時には爆発的な集中力を発揮します。
日本企業で帰社予定時間を聞くと、「仕事が終わったら」と答えます。
こういった意識は「就業時間内に終わらなくてもいいや」、「終わらなければ休みに出てくればいいや」と、
長時間労働の問題に繋がっていきます。

休暇に対する意識も異なります。
年末に来年の手帳を購入すると、日本人は仕事のスケジュールを真っ先に書き込みます。
私の海外の友人は、家族の誕生日と年間の休暇予定を真っ先に手帳に書き込みます。
年明けには既にバカンスの内容が決まっているそうです。

日本でも、現在働き方改革が話題ですが、生産性の向上なき改革は斜陽を招きます。
毎日帰る時間を決める、休みの予定を入れる、それに合わせて仕事の時間に集中すると、
生産性の世界ランクは上がるのではないでしょうか。

スイスの友人が先日、気に入ったシャツを購入して、「これは仕事にも使える」と喜んでいました。(!?)

   ~ ゴルフ場の鉛筆、仕事にも使える! 小谷野でした ~

*OECD:先進国が加盟する経済協力開発機構


*ブログのバックナンバー及び写真をご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》中期経営計画の作り方[1]
──────────────────────────────────────────────────────

これまで、単年度の予算策定方法やKPIの設定方法等をご案内しましたが、その根幹にもなるのが
会社の中期的な将来像を表現した中期経営計画です。

今回から暫く、中期経営計画をシリーズにしてお送りいたします。

          ▼詳細はこちら▼
   http://koyano-vp.com/page0185.html
                         (担当:横瀬)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第114回のびよう会セミナー》

   平成の徳政令「新事業承継税制」
─────────────────────────────────────────────────────

「平成30年度税制改正」で事業承継税制が大きく変わります。

本セミナーでは、「新事業承継税制」の内容を解説すると共に、
新事業承継税制適用のために必須となる「特例承継計画」について紹介したいと思います。

セミナー終了後には、ご参加いただきました皆様のご発展のために、ビジネス交流会を開催します。
当事務所とお取引のない企業様も歓迎です。お気軽にご参加下さい!!


【日 時】平成30年4月18日(水)
   セミナー15:00~16:50
   交流会 17:00~17:50

【講 師】
   第1部「新事業承継税制」
   小谷野税理士法人 業務3部 税理士 竹内 英雄

   第2部「特例承継計画 作成のポイント」
   小谷野税理士法人 業務1部 中小企業診断士 横瀬 高宗

【会 場】小谷野税理士法人 セミナールーム

【定 員】20名様

【参加費】お一人様3,000円(税込)
    ※顧問先様はご招待。

【申込方法】HPの「お問合せフォーム」、お電話、メールにて承ります。
     ※メールの場合はこちらのメールにご返信下さい。

↓お申込み・詳細はこちら↓
http://koyano-vp.com/page0189.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《平成29年度補正 ものづくり補助金:補助上限額1,000万円》
──────────────────────────────────────────────────────

生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を
行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等が支援されます。
対象は認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者、
公募期間は平成30年2月28日(水)から4月27日(金)です。

【公募要領】等詳細は事務局ホームページをご覧ください。
http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29mh_koubo_201802.html


認定支援機関である小谷野会計グループでは全面的な個別相談を実施しています。
↓↓詳細はこちら↓↓
http://koyano-vp.com/page0205.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────

●小谷野会計グループは経済産業省、全国の商工会議所が推進する
「健康経営」に取り組みます!
http://koyano-vp.com/page0197.html

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0194.html

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野会計グループスタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

●当グループのFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野会計グループ http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━