What's New 更新情報

■小谷野会計グループメールマガジン2017.11.2号

2017-11-02 (Thu) 14:30
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.458) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

●《経営のヒント》伝説は反目から生まれる~東京国立博物館 運慶展~

●《会計・税務の知識》個人型確定拠出年金

●《第110回のびよう会》11月15日(水)15:00~

 厚生労働省委託セミナー
  働き方を見直して活躍社員を増やしませんか?

●《第111回のびよう会望年会》12月12日(火)18:00~

 カリスマ経営者 千本倖生氏による「挑戦する経営」

●《経営力向上計画の申請を急ごう!》

●《健康経営》小谷野会計グループは「健康経営」に取り組みます!

●《お知らせ》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》伝説は反目から生まれる~東京国立博物館 運慶展~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。

私は、気に入った仏像の前では長時間対座する癖があり、奈良の興福寺はお気に入りの場所です。

現在、上野の東京国立博物館で興福寺再建記念特別展「運慶」が開催中です。
残存少ない運慶の作品ですが、全国31体のうち22体が上野に集まっています。
この貴重な展覧会(11月26日まで)は仏像マニア以外にも人気で、入場制限が出ていました。

平安時代、仏師の世界では京都仏師による定朝様式が公家の間で隆盛を極めており、
のっぺりで穏やかな顔の仏像が主流でした。
これに対して奈良仏師、康慶、運慶親子は筋肉隆々の力強さ、目には水晶を使い、
生きているような写実性溢れる仏像を作り始めました。
これは、奈良へ左遷させられた奈良仏師による京都仏師への「反目」であったという歴史家もいます。

源頼朝が天下人となり、公家から武士の時代が到来すると、写実的で荒々しい像は
時の政権の高い評価を得ていきました。

ところで、伝説の仏師運慶の若い頃の私生活は破茶滅茶で、早くから「反目」精神の塊だったようです。

 ~ 反目と協調を繰り返す夫婦関係 小谷野でした ~


*ブログのバックナンバー及び写真をご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》個人型確定拠出年金
──────────────────────────────────────────────────────

今回は、平成29年1月より加入枠が拡大し、今後ますますの広がりが期待される
確定拠出年金について、概要をまとめました。

        ▼詳細はこちら▼
  http://koyano-vp.com/page0185.html
                       (担当:野村)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第110回のびよう会》厚生労働省委託セミナー
働き方を見直して活躍社員を増やしませんか?
──────────────────────────────────────────────────────

多様な人材がイキイキと働き、会社で長く活躍していくためにはまず、
各企業において過重労働の解消を図ることが重要です。
そのためには自主的に、「長時間労働の削減」「労働時間管理」
「健康障害防止対策」といった取組を進める必要があります。

本セミナーでは、過重労働防止対策に必要な知識やノウハウについて、
具体的な取組事例などを交えて紹介します。
企業がどのように課題解決を行ったのか、そのプロセスや改善の状況、
業績に与える影響などについて、具体的取組の例を講師がご紹介いたします。

【日 時】平成29年11月15日(水)
   セミナー15:00~16:50
   交流会 17:00~18:00

【講 師】厚生労働省の委託セミナーで3年連続登壇
   ヨコイ・マネジメントパートナーズ 代表 横井 祐氏

【会 場】小谷野税理士法人 セミナールーム

【定 員】20名様

【参加費】無 料

【申込方法】HPの「お問合せフォーム」、お電話、メールにて承ります。
     ※メールの場合はこちらのメールにご返信下さい。

↓お申込み・詳細はこちら↓
http://koyano-vp.com/page0120.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第111回のびよう会望年会》カリスマ経営者 千本倖生氏による「挑戦する経営」
──────────────────────────────────────────────────────

第二電電(現KDDI)、イー・アクセス、イー・モバイルと常に時代の先を読み、
会社を起こしてきた千本倖生氏にご登壇頂きます。

長年の知見を若手経営者に惜しみなく注ぐ氏に、経営の極意をお話しいただきます。

後半では来年のさらなる発展を望み『望年会』を開催いたします。
ビュッフェ形式ですので、多数のご参加者とご交流下さい。

【日 時】平成29年12月12日(火)
   セミナー18:00~19:00
   交流会 19:00~21:00

【講 師】千本 倖生氏

【会 場】ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)

【定 員】130名様

【参加費】お一人様5,000円(税込)
   ※ 参加費はお振込みにてお願いいたします。
     お申込み確認後、[お振込案内メール]をお送りいたしまします。

【申込方法】HPの「お問合せフォーム」、お電話、メールにて承ります。
    ※メールの場合はこちらのメールにご返信下さい。

↓お申込み・詳細はこちら↓
http://koyano-vp.com/page0189.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営力向上計画の申請を急ごう!》
────────────────────────────────────────────────────

経営力向上計画は、中小企業・小規模事業者等が経営力を向上させるための
取り組み内容を記載した事業計画です。
計画の認定を受けた事業者のメリットとして、固定資産税の軽減措置(※)・
低利融資等の金融支援・補助金の優先採択等があげられます。

固定資産税軽減措置を利用する場合は、固定資産税の賦課期日(1月1日)前までに
認定を受ける必要があるため、早期に申請する必要があります。
経営力向上計画は認定支援機関による策定支援を受けることができますので、
ご検討されている方はお気軽にご相談ください。

(※)一定の要件を満たす場合、固定資産税が3年間に渡り2分の1に軽減されます。


↓↓詳細は詳細は中小企業庁HPへ↓↓
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《健康経営》小谷野会計グループは「健康経営」に取り組みます!
──────────────────────────────────────────────────────

健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、
経営面においても 大きな成果が期待できる」という考え方に立って、
健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。
(NPO法人健康経営研究所HPより引用)

小谷野会計グループはこの理念に賛同し、今後実践していきます。

その過程で得ることができた情報をメルマガにて発信してまいりますので、
是非ご覧ください!

↓詳細はこちら↓
http://koyano-vp.com/page0197.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0194.html

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野会計グループスタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

●当グループのFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野会計グループ http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━