What's New 更新情報

■小谷野会計グループメールマガジン2017.6.29号

2017-06-29 (Thu) 18:00
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.439) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

●《事務所統合のお知らせ》

●《経営のヒント》コカコーラ~アトランタ訪問[2]~

●《会計・税務の知識》非居住者への相続・贈与について(国外転出時課税)

●《第106回のびよう会》平成29年7月19日(水)15:00~

 元国税Gメンが語る!税務調査対策

●《早期経営改善計画》自社の経営を見直すきっかけを作りましょう!

●《書籍》小谷野 幹雄著『傍目八目』セルバ出版より好評発売中!!

●《お知らせ》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《事務所統合のお知らせ》
──────────────────────────────────────────────────────

平成29年7月1日、更なる顧客サービスの向上をはかるため、
小谷野税理士法人と小山紹夫税理士事務所は統合することといたしました。
両者統合により、お客様とともに永続的に存続し、発展することを目指し、
皆様のご期待に応えるべく業務に邁進する所存でございますので、
より一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

小谷野税理士法人
代表社員 税理士・公認会計士 小谷野 幹雄
社 員 税理士 小山 紹夫(新橋事務所 代表)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》コカコーラ~アトランタ訪問[2]~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。

ジョージア州アトランタといえばコカコーラ発祥の地です。
コカコーラは、1886年薬剤師のジョン・ペンバートン氏が調合した頭痛薬を、
たまたま炭酸水で割って飲んだらおいしかった、という偶然から始まったそうです。
これに目を付けた薬業者キャンドラー氏が、レシピ等の権利をペンバートン氏から
購入して、全米に広めていったそうです。

コカコーラのように、発明考案した人と事業を拡大した人が異なるケースは
数多くあります。
有名なケースではマクドナルドです。マクドナルド兄弟は、
1948年カリフォルニア州で画期的なハンバーガーのドライブインを始めました。
顧客へのスピーディなサービス、効率的キッチン、セルフサービス等の
斬新なアイデアが凝縮された店を作りました。
この店に魅せられたのが、ミルクシェーキ製造機械販売会社社長の
レイ・クロック氏で、フランチャイズ(FC)契約をマクドナルド兄弟と
締結して、全米に広めていきました。
巨大になったFC側のレイ・クロック氏が1961年マクドナルドの全ての権利を
270万ドルで兄弟から購入しました。

7月29日に公開される映画「ファウンダー~ハンバーガー帝国のヒミツ~」で
詳しく見ることができます。
セブンイレブンも、日本でのライセンス契約を受けたイトーヨーカ堂が
後に米国本社のセブンイレブン社を買収しましたね。


~ 発明家でも事業家でもない 小谷野でした ~


*ブログのバックナンバー及び写真をご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》非居住者への相続・贈与について(国外転出時課税)
──────────────────────────────────────────────────────

平成27年度の税制改正で、国外転出時課税制度が導入されました。
この制度は、有価証券等(国外転出時課税対象)を保有する個人が
海外移住を行うケースだけでなく、非居住者に有価証券等を「相続」させた場合、
亡くなる前に非居住者に「贈与」した場合も国外転出時課税の対象となります。

では、相続・贈与のケースの場合それぞれ国外転出時課税の所得税に加えて
相続税や贈与税がどのように課税されるのでしょうか。以下解説いたします。

         ▼詳細はこちら▼
  http://koyano-vp.com/page0185.html
                            (担当:高橋)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第106回のびよう会》元国税Gメンが語る!税務調査対策
─────────────────────────────────────────────────────

元国税調査官が、これまで税務調査を行ってきた経験から、税務調査を解説いたします。
建物の修理は、「修繕費」か「資本的支出」かの判定が税務当局と常に争いとなる永遠のテーマです。

決算対策で行った修繕費を否認され資本的支出とされると会社の財務戦略に大きな影響を及ぼし、
財務体力の厳しい中小企業にとっては死活問題になることもあります。
両者の判断基準はあいまいなために見極める目を養うことが大事です。

今回のセミナーが税務調査のための予備知識としてお役にたてれば幸いです。

【日 時】平成29年7月19日(水)
    セミナー15:00~16:50
    交流会 17:00~18:00

【講 師】小谷野税理士法人 審査室
    税理士 佐藤 満

【会 場】小谷野税理士法人 セミナールーム

【定 員】20名様

【参加費】御一人様 3,000円(税込)ただし、顧問先様はご招待。
    ※当日受付でお支払下さい。


【申込方法】HPの「お問合せフォーム」、お電話、メールにて承ります。
     ※メールの場合はこちらのメールにご返信下さい。

↓お申込み・詳細はこちら↓
http://koyano-vp.com/page0120.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《早期経営改善計画》自社の経営を見直すきっかけを作りましょう!
──────────────────────────────────────────────────────

認定支援機関の支援を受け、経営改善計画を策定するための費用の2/3(上限20万円まで)の
補助を受けられます。

・ビジネスモデル俯瞰図を書いてみよう!
・資金実績・計画表を作成してみよう!
・損益計画を作ろう!
・アクションプランを作って、進捗管理しよう!

会社の状況を4つのシートで見える化することで、
自社を見直すきっかけとなり、改善の促進が期待されます。

↓↓詳細はこちら↓↓
http://koyano-vp.com/page0188.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《書籍》小谷野 幹雄著『傍目八目』セルバ出版より好評発売中!!
──────────────────────────────────────────────────────

仕事柄様々な業界や会社を訪問する小谷野が、日々の人間ウォッチングを通じて得た
発見や気づきをまとめた経営のヒント集。
毎週配信しているブログより記事を厳選し、加筆しました。

↓Amazonでのご購入はこちら↓
http://amzn.to/2hDM6AH

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0194.html

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野会計グループスタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

●当グループのFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野会計グループ http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━