What's New 更新情報

​■小谷野公認会計士事務所メールマガジン2016.7.14号

2016-07-14 (Thu) 16:00
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.392) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

●《経営のヒント》統計のウソ[2]~平均値、中央値、最頻値~


●《会計・税務の知識》高額特定資産を取得した場合の納税義務の免除の特例


●《第95回のびよう会》7月20日(水)15:00~ ※残席わずか

 元国税Gメンが語る!税務調査 見えない恐怖の呪縛
  ~節税・租税回避・脱税~

 お申し込みはこちら
 ⇒ http://koyano-vp.com/page0120.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》統計のウソ[2]~平均値、中央値、最頻値~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。
統計に関する矛盾の続きです。
統計局発表の、「二人以上の勤労者世帯の貯蓄額2015年」を見ると、平均値1309万円、
中央値761万円、最頻値100万円未満(13.2%)となっています。
(HPやFBなど図が見える環境の方は棒グラフを参照にしてください。)

平均値は、貯蓄総額を世帯数で割った数値であり、中央値は、世帯数の中間点の世帯の貯蓄金額です。
最頻値は最も世帯数が多い貯蓄金額の範囲(レンジ)です。

この統計データから全く異なるメッセージが発信できます。

「今、日本の勤労世帯の13.2%が貯蓄100万円未満しかなく多くの家庭が貧困に喘いでいる。(最頻値を強調)」

逆に、
「日本の勤労世帯の貯蓄平均は1300万円を超えており、とても家庭が豊かである。(単純平均値を強調)」

 ~ 平均的な主夫、小谷野でした ~


*ブログのバックナンバー及び写真をご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》高額特定資産を取得した場合の納税義務の免除の特例
──────────────────────────────────────────────────────

消費税における免税制度や簡易課税制度は小規模事業者の事務負担に配慮して設けられた制度ですが、
高額の不動産等の取得、賃貸、売買等を行う事業者において免税制度および簡易課税制度が
その趣旨にそぐわない形で適用されている例がありました。

そのような実態を鑑み、平成28年税制改正により、高額特定資産の取得をした場合には免税制度および
簡易課税制度の適用を受けることができないものとなりましたのでご紹介します。

      ▼詳細はこちら▼
http://koyano-vp.com/page0185.html
                                (担当:稲浦)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第95回のびよう会》7月20日(水)15:00~ ※残席わずか
元国税Gメンが語る!税務調査 見えない恐怖の呪縛
 ~節税・租税回避・脱税~
───────────────────────────────────────────────────────

元国税調査官(現場一筋42年)がこれまで税務調査を行ってきた経験から、税務調査を解説いたします。
税務調査は、事前連絡がなく抜き打ちでくる場合もあります。
会社によっては、確信犯でいつ来るのだろう!と身構えていたり、身に覚えがないのに急に税務調査され
慌てふためいている場合もあります。

税務調査は、受忍義務があり拒否できません。拒否した場合は、罰則規定があります。
いざという時のために税務調査の予防対策をするしかないのです。
今回のセミナーがリスクを最小限にとどめるための予備知識としてお役にたてれば幸いです。

セミナー終了後には、ご参加いただきました皆様のご発展のために、ビジネス交流会を開催します。
当事務所とお取引のない企業様も歓迎です。お気軽にご参加下さい!!

【日 時】平成28年7月20日(水)
    セミナー15:00~16:50
    交流会 17:00~17:50

【講 師】小谷野公認会計士事務所 審査室
    税理士 佐藤 満

【会 場】小谷野公認会計士事務所

【定 員】20名様

【参加費】御一人様 3,000円(税込)
    ※ 当日受付でお支払下さい。
    ただし、顧問先様は無料ご招待

【申込方法】ホームページの「セミナー申込」、お電話、
     又はこのメールにご参加の旨を記載の上ご返信下さい。

お申込はこちら
⇒ http://koyano-vp.com/page0120.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────

●『上場会社オーナーのための資産管理実務』
きんざいより好評発売中!!
http://koyano-vp.com/page0194.html

●NBY経営塾~未来の経営を考える~
http://koyano-vp.com/page0168.html

●当事務所のFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0126.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野公認会計士事務所スタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所 http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSS 2.0