What's New 更新情報

■小谷野公認会計士事務所メールマガジン2015.12.17号

2015-12-17 (Thu) 15:30
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.363) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

●《経営のヒント》ストレス・プレッシャー~塩梅が重要~

●《速報》平成28年度税制改正大綱

●《会計・税務の知識》経営革新制度について喚起

●《第90回のびよう会》1月20日(水)15:00~
  国際税理士から見た日本
   ~海外から見ると日本経済・世界経済がよくわかる ~

  お申し込みはこちら
   ⇒ http://koyano-vp.com/page0120.html

●《第6期NBY経営塾》未来の経営を考える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》ストレス・プレッシャー~塩梅が重要~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。

2015年12月からストレスチェックが義務づけられました。
精神疾患の患者は300万人以上もいるそうです。
中でもうつ病、認知症の増加が著しいようです。

あるベンチャー企業は、厚生労働省が公表しているストレスチェックマニュアル
では、正確な従業員のメンタル状況を把握できないという理由で、
新しいシステムを開発しました。
声の定期分析により、精神疾患やうつの兆候を早期に把握できるそうです。
一度発症すると1年以上戦力復帰が難しいといわれる精神疾患の予防ができれば、
企業が得る経済的利益は莫大でしょう。

ところで、経営の観点からストレス・フリーは理想なのでしょうか。
最近話題のスタンフォード大学の心理学教授は、ストレスは脳に闘争・
挑戦・絆反応を起こし、人に強さを与える源と説いています。

たしかに、ストレス、プレッシャーが無ければ社会人として成長しません。
人使いの上手なある社長さんの話です。
「営業の目標(ノルマ)は、一所懸命にやって少し届かないところに設定するのが
重要」との事でした。
普通の発想、行動では達成できないので、ストレスやプレッシャーの中で
色々考えることで社員は成長し、達成感も大きいようです。
しかし、女工哀史の世界では問題ですから、塩梅が重要ということでしょうか。

   ~ 家内プレッシャーで成長した 小谷野でした ~

*ブログのバックナンバー及び写真をご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《速報》平成28年度税制改正大綱
──────────────────────────────────────────────────────

12月16日、平成28年度税制改正大綱が決定いたしました。

争点となっていた消費税については、税率10%への引き上げを平成29年4月に確実に実施するとした上で、
同時期に軽減税率制度を導入することが明記されました。
また、平成33年4月からはインボイス制度が導入され、免税事業者等からの仕入税額については、
経過措置を経て段階的に控除ができなくなる見込みです。

一方、法人税については、実効税率が昨年に引き続き引下げられ、現行32.11%が、
平成28年度及び29年度は29.97%、平成30年度以降は29.74%とされますが、外形標準課税拡充、
欠損金繰越控除の見直し、建物付属設備等の減価償却の定額法への一本化等、課税ベース拡大措置が
施されています。
廃止が見込まれていた接待飲食費の50%損金算入制度は、2年間延長されるようです。

その他、地方創生、空家対策、子育て支援、納税環境整備の観点から、様々な制度が盛り込まれています。

▼「分かりやすい平成28年税制改正サマリー」はこちら▼
http://koyano-vp.com/page0191.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》経営革新制度について喚起
──────────────────────────────────────────────────────

現在、中小企業新事業活動促進法に基づき、様々な経営革新支援制度が
存在します。

中小企業者が新事業への取組について経営革新計画を各都道府県に申請し、
計画について承認を受けると、低利融資や公的支援等が受けやすくなる恩恵が
得られます。

今回は、本制度の概要について調べてみましたので、ご紹介いたします。

                 ▼詳細はこちら▼
       http://koyano-vp.com/page0185.html
                                         (担当:池田)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第90回のびよう会》1月20日(水)15:00~

  国際税理士から見た日本
   ~海外から見ると日本経済・世界経済がよくわかる ~
──────────────────────────────────────────────────────

毎年好評を博している、日本および米国の税理士であり国際的に活動されている瀬野先生をお招きして、
海外から見た日本経済や税制、海外で今起きていること、例えば「海外財産などの富裕層を取り巻く環境」、
「日本の消費税と海外の消費税の違い」、「これから始まるマイナンバー制度の危険性」や
「海外と比較した場合の日本の良い点」など、幅広くご講演いただきます。

セミナー終了後には、ご参加いただきました皆様のご発展のために、ビジネス交流会を開催します。
当事務所とお取引のない企業様も歓迎です。お気軽にご参加下さい!!

【日 時】 平成28年1月20日(水)
      セミナー15:00~16:50
      交流会 17:00~17:50

【講 師】 税理士、米国税理士(EA)、東京・シンガポール等在住
      防衛省海上自衛隊 先任予備自衛官
      瀬野 雄二(せの ゆうじ)氏

【会 場】小谷野公認会計士事務所

【定 員】20名様

【参加費】御一人様 3,000円(税込)
※ 当日受付でお支払下さい。
ただし、顧問先様は無料ご招待

【申込方法】ホームページの「セミナー申込」、お電話、
        又はこのメールにご参加の旨を記載の上ご返信下さい。

  お申込はこちら
   ⇒ http://koyano-vp.com/page0120.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第6期NBY経営塾》未来の経営を考える
──────────────────────────────────────────────────────

次世代を担う経営者を育成するためには、何が必要でしょうか?
経営知識の習得や広い視点をもった経営者の育成は、今後の会社の成長にとって
必要不可欠なものではないでしょうか。

そのため、経営者の意識と行動を変革し経営者としての成長を促すことを
目的としたNBY経営塾を開講します。

本講座の大きな特徴は、「ただ勉強する」だけではありません。
皆様自身で所属する会社の現状を分析し課題を見つけ、具体的な計画を
立案することが本講座の一番の目的となります。

詳細・お申し込みはこちら
⇒ http://koyano-vp.com/page0168.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────
●補助金・助成金については、是非とも弊所までご相談下さい。
 弊所が申請手続きをサポートしてきました事業者が多数採択されております。
 採択後も万全のサポートをさせて頂きます。

●『財務戦略のプロが教える資金調達Q&A』
 日本法令より好評発売中!
 http://koyano-vp.com/page0126.html

●当事務所のFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
 「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
 http://www.facebook.com/koyano.cpa

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
 http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●事業承継リスク診断サービス
 http://jigyo-syokei.jp/

●書籍・連載のご案内
 http://koyano-vp.com/page0126.html

●小谷野幹雄のブログ
 http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野公認会計士事務所スタッフブログ
 http://koyano-cpa.jp/blog/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所 http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━