What's New 更新情報

■小谷野公認会計士事務所メールマガジン2015.12.10号

2015-12-10 (Thu) 15:30
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.361) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

●《経営のヒント》真の日本ワイン~スロービジネスが支える~

●《会計・税務の知識》生前贈与による相続対策

●《第90回のびよう会》1月20日(水)15:00~

   国際税理士から見た日本
    ~海外から見ると日本経済・世界経済がよくわかる ~

  お申し込みはこちら
    ⇒ http://koyano-vp.com/page0171.html


●《第6期NBY経営塾》未来の経営を考える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》真の日本ワイン~スロービジネスが支える~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。

12月ののびよう会では、望年会イベントとして、真の日本ワインを
取り上げました。
エリート金融マンの道から、新潟で大好きなワイン作りに身を転じた、フェルミエワイン主宰、
本多孝さんを講師にお迎えしました。

国内のワイン市場では、その30%が国産ワインといわれていますが、
国産とはいえ、輸入原液などをボトリングしているだけだったりします。

日本の畑でぶどうを栽培し醸造した真の日本ワインは国内市場の僅か6%しかありません。
この真の日本ワインへ挑む人たちがTVでよく取り上げられますが、本多さんもその一人です。

平成30年10月30日から果実酒等の製法品質基準が変わります(H27.10.30国税庁告示)。
上述の真の日本ワインのみが「日本ワイン」と表示できるようになります。
多くの輸入原料を使ったワインは日本ワインといえなくなるのです。
無形文化遺産の和食とあいまって「日本ワイン」のブランディングが強化されるでしょう。

ところで、昨今の経営では常に、スピード・スピード、拡大・拡大と叫ばれますが、
その対極にあるのがワイン事業です。
苗を植えても1-2年で回収できるわけではなく長期の事業計画、資金計画が必要です。
急速な拡大も、よい物づくりには決してプラスにならないようです。

栽培・醸造家は100年先まで考えて行動しているそうです。
確かにワインはビンテージという時間軸を楽しめます。
ビールや日本酒では何年ものとは言いません。

 ~飲んでいるときは飲み足りなく、飲み終わるといつも飲み過ぎ 小谷野でした~

*ブログのバックナンバー及び写真をご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》生前贈与による相続対策
──────────────────────────────────────────────────────

平成25年度の税制改正の改正項目1つである相続税の基礎控除額縮小が適用
され、平成27年1月1日以後に相続又は遺贈により取得する財産に係る相続税に
ついては、相続税の課税対象となる人が大幅に増えることが懸念されます。

そこで今回は生前贈与による相続対策についてご紹介します。

                     ▼詳細はこちら▼
    http://koyano-vp.com/page0185.html
                                                                    (担当:佐藤(裕))

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第90回のびよう会》1月20日(水)15:00~

 国際税理士から見た日本
  ~海外から見ると日本経済・世界経済がよくわかる ~
──────────────────────────────────────────────────────

毎年好評を博している、日本および米国の税理士であり国際的に活動されている
瀬野先生をお招きして、海外から見た日本経済や税制、海外で今起きていること、
例えば「海外財産などの富裕層を取り巻く環境」、「日本の消費税と海外の消費税の違い」、
「これから始まるマイナンバー制度の危険性」や「海外と比較した場合の日本の良い点」など、
幅広くご講演いただきます。

セミナー終了後には、ご参加いただきました皆様のご発展のために、ビジネス交流会を開催します。
当事務所とお取引のない企業様も歓迎です。お気軽にご参加下さい!!

【日 時】 平成28年1月20日(水)
セミナー15:00~16:50
交流会 17:00~17:50

【講 師】 税理士、米国税理士(EA)、東京・シンガポール等在住
防衛省海上自衛隊 先任予備自衛官
瀬野 雄二(せの ゆうじ)氏

【会 場】小谷野公認会計士事務所

【定 員】20名様

【参加費】御一人様 3,000円(税込)
      ※ 当日受付でお支払下さい。
        ただし、顧問先様は無料ご招待

【申込方法】ホームページの「望年会申込み」、お電話、
        又はこのメールにご参加の旨を記載の上ご返信下さい。

  お申込はこちら
   ⇒ http://koyano-vp.com/page0171.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第6期NBY経営塾》未来の経営を考える
──────────────────────────────────────────────────────

次世代を担う経営者を育成するためには、何が必要でしょうか?
経営知識の習得や広い視点をもった経営者の育成は、今後の会社の成長にとって
必要不可欠なものではないでしょうか。

そのため、経営者の意識と行動を変革し経営者としての成長を促すことを目的とした
NBY経営塾を開講します。

本講座の大きな特徴は、「ただ勉強する」だけではありません。
皆様自身で所属する会社の現状を分析し課題を見つけ、具体的な計画を立案することが
本講座の一番の目的となります。

 詳細・お申し込みはこちら
  ⇒ http://koyano-vp.com/page0168.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────

●補助金・助成金については、是非とも弊所までご相談下さい。
 弊所が申請手続きをサポートしてきました事業者が多数採択されております。
 採択後も万全のサポートをさせて頂きます。

●『財務戦略のプロが教える資金調達Q&A』
 日本法令より好評発売中!
 http://koyano-vp.com/page0126.html

●当事務所のFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
 「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
 http://www.facebook.com/koyano.cpa

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
 http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●事業承継リスク診断サービス
 http://jigyo-syokei.jp/

●書籍・連載のご案内
 http://koyano-vp.com/page0126.html

●小谷野幹雄のブログ
 http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野公認会計士事務所スタッフブログ
 http://koyano-cpa.jp/blog/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所 http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSS 2.0