What's New 更新情報

​■小谷野公認会計士事務所メールマガジン2015.11.5号

2015-11-05 (Thu) 18:40
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.356) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

●《経営のヒント》VW(Vision &Hard Work)~ノーベル賞学者の座右の銘~


●《会計・税務の知識》M&A等の際の非上場株式価値の考え方


●《第89回のびよう会特別企画 望年会》12月8日(火)18:30~

     証券マンから転身したワイン醸造家から学ぶ
          真の日本ワインの躍進

  お申し込みはこちら
   ⇒ http://koyano-vp.com/page0171.html 


●《第6期NBY経営塾》未来の経営を考える


● お知らせ
◆11/18(水)第88回のびよう会ゴルフコンペを開催いたします。
顧問先様への先行案内で満員御礼となりましたので、
キャンセルがあり次第、メルマガ等でご案内致します。

◆平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金2次公募
におきまして、弊所が補助金申請手続きをサポートしてきました補助事業者4件が採択されました。
補助金に関しましては、採択後も万全のサポートをさせて頂きます。是非とも弊所までご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》VW(Vision & Hard Work)~ノーベル賞学者の座右の銘~
──────────────────────────────────────────────────────

小谷野です。

京都大学iPS細胞研究所の山中 伸弥所長の話を聞きました。
10年前にTLO(大学技術の民間移転)の件で当事務所に相談に来られたときとは
比較にならない程の時の人であり、ドッグイヤーを駆け抜けている最中でした。

iPS細胞の基本特許はあっても、米国のベンチャー等に応用面の特許を
取得されると、薬がとてつもなく高くなり大衆の手が届かなくなる可能性が
あるので、様々な治療の応用分野においても特許を取るために研究員は
疾走しているそうです。

ところで、山中教授の座右の銘は、米国留学中の恩師の言葉「VW」だそうです。
最近排ガス不正で話題になっている自動車メーカーのことではありません。
「Vision & Hard Work」しっかりとしたビジョンを持ち、猛烈に働くことを
いいます。 
山中教授も時々Visionから離れた判断を行いそうになるといいます。
例えば、お金をより多く集めるためには、マスコミ受けをよくするには、等々・・
今は「多くの難病の人を救うため」というビジョンに立ち返り、
すべての判断を行うことを心がけているそうです。

民間企業でも同じで、ビジョンから離れた経営判断はその後大きなゆがみを
生み出します。

       ~ ゴルフの再生治療が必要な、小谷野でした ~


*ブログのバックナンバー及び写真をご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》M&A等の際の非上場株式価値の考え方
──────────────────────────────────────────────────────

非上場株式の評価は、株式を取得する側と売却する側の関係により異なります。
一般的に親族への事業承継等の場合、財産評価基本通達による
取引相場のない株式の評価を用いて行い、利害関係のない第三者間の売買や
M&A等においては、インカム・アプローチ、マーケット・アプローチ、
コスト・アプローチが用いられます。

今回は、利害関係のない第三者間の売買やM&A等の際の評価方法について
記載いたします。

                   ▼詳細はこちら▼
          http://koyano-vp.com/page0185.html
                                               (担当:高橋)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第89回のびよう会特別企画 望年会》12月8日(火)18:30~

証券マンから転身したワイン醸造家から学ぶ
真の日本ワインの躍進
──────────────────────────────────────────────────────

証券マンから一念発起し、日本人の感性にしみ入る純国産のワイン造りを
極めるため自ら新潟に移住し、ワイン醸造家となられた本多孝様をお迎えし、
ワインの基礎知識と国産ワインの現状と今後の展望についてご講演いただきます。

また弊所元国税Gメン 佐藤満が、最近のニュースなども取り入れながら
酒税について分かりやすく説明いたしましす。

また、後半では来年のさらなる発展を望み『望年会』を開催いたします。
本格的なワインを嗜みながら数多くのご参加者とご交流下さい。
「のびよう」を掛け声に、今年の締めくくりと来年の展望を
よりよいものにしていただければ幸いです。


【日 時】 平成27年12月8日(火)
セミナー18:30~19:30
交流会 19:30~21:00

【講 師】 フェルミエ
        栽培・醸造家 本多 孝(ほんだ・たかし)氏

      小谷野公認会計士事務所 審査室
        税理士 佐藤 満(さとう・みつる)

【会 場】小田急ホテルセンチュリーサザンタワー21F
     East Room & Park Room
     東京都渋谷区代々木2‐2‐1 TEL:03-5354-0111

【定 員】50名様

【参加費】御一人様 5,000円(税込)
      ※ 当日受付でお支払下さい。
      ただし、顧問先様は2名様まで無料ご招待

【申込方法】ホームページの「望年会申込み」、お電話、
        又はこのメールにご参加の旨を記載の上ご返信下さい。

   お申込はこちら
    ⇒ http://koyano-vp.com/page0171.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第6期NBY経営塾》未来の経営を考える
──────────────────────────────────────────────────────

次世代を担う経営者を育成するためには、何が必要でしょうか?
経営知識の習得や広い視点をもった経営者の育成は、今後の会社の成長にとって
必要不可欠なものではないでしょうか。

そのため、経営者の意識と行動を変革し経営者としての成長を促すことを
目的としたNBY経営塾を開講します。

本講座の大きな特徴は、「ただ勉強する」だけではありません。
皆様自身で所属する会社の現状を分析し課題を見つけ、具体的な計画を
立案することが本講座の一番の目的となります。

詳細・お申し込みはこちら
⇒ http://koyano-vp.com/page0168.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────

●『財務戦略のプロが教える資金調達Q&A』
日本法令より好評発売中!
http://koyano-vp.com/page0126.html

●当事務所のFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●事業承継リスク診断サービス
http://jigyo-syokei.jp/

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0126.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野公認会計士事務所スタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所 http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RSS 2.0