What's New 更新情報

​■小谷野公認会計士事務所メールマガジン2015.7.23号

2015-07-23 (Thu) 16:30
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.341) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

●《経営のヒント》 旦那になればお城めぐり?~七月歌舞伎~


●《会計・税務の知識》 金融機関は融資先を区分している


●《第85回のびよう会セミナー》8月26日(水)15:00~

分かりやすい
マイナンバー制度への実務対応

お申し込みはこちら
⇒ http://koyano-vp.com/page0120.html


●《補助金・助成金》 最大1,000万円が獲得できるものづくり補助金
2次公募 受付開始! 応募期限は8月5日

お申し込み・ご相談はこちら
⇒ http://koyano-vp.com/form.html


●《第6期NBY経営塾》 未来の経営を考える


● お知らせ

◆新刊書籍『財務戦略のプロが教える資金調達Q&A』
日本法令より好評発売中!
http://koyano-vp.com/page0126.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》 旦那になればお城めぐり?~七月歌舞伎~
──────────────────────────────────────────────────────


小谷野です。

七月歌舞伎に行ってきました。
幕末から明治にかけて活躍した三遊亭円朝の代表作である、
怪談話「牡丹灯籠」を観劇しました。
円朝は噺家としてだけでなく、新作落語の創作者としても
突出した才能の持ち主でした。

貧しい「伴蔵」は、使えた主人の命と引き替えに幽霊からせしめた
100両で始めた商売が繁盛しましたが、酌婦(若い女)にうつつをぬかし、
天罰が下るというお話です。

人間国宝である坂東玉三郎が演じる伴蔵の古女房「お峰」に、
観衆は沢山の笑いと涙をもらいました。
玉三郎の演技は、あまりにもオリジナルで完成度が高いので、
セリフや言い回しを他の役者が真似ても、同じ舞台にはならないでしょう。

先週、片岡仁左衛門が人間国宝に認定されましたが、こちらも属人的能力の評価で
当代限りというのが、芸の世界の面白さでしょう。
円朝を高座で演じる市川猿之助、伴蔵に市川中車(香川照之)、
馬子に市川海老蔵という豪華メンバーでした。


ところで、伴蔵とお峰は貧乏時代は隠し事がなく、仲むつまじい夫婦でしたが、
事業が成功しだすと、男は旦那と呼ばれて若い女のいる店に通いつめます。

現代においても、「お城」めぐりが好きな旦那衆はいらっしゃいます。
「姫路城、彦根城、・・・クラブ嬢、キャバクラ嬢、○○嬢・・」
(本年2015年2月、膵臓癌で逝去した坂東三津五郎に対する尾上菊五郎の弔辞より)


~ 夜のクラブ活動よりも昼のクラブ活動(ゴルフ) 小谷野でした ~


*ブログのバックナンバー及び写真をご覧になりたい方はこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》 金融機関は融資先を区分している
──────────────────────────────────────────────────────


金融機関は金融庁による金融検査マニュアルに基づき、
融資先企業を区分しています。
この区分を債務者区分といい、債務者区分のいずれに該当するかにより、
安定した融資が継続されるのか、融資対象外とされてしまうかなど融資スタンスが
大きく変わることになります。

そこで、本稿では債務者区分について概説します。


▼詳細はこちら▼
http://koyano-vp.com/page0185.html
(担当:齋藤)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第85回のびよう会セミナー》8月26日(水)15:00~

分かりやすい
マイナンバー制度への実務対応
──────────────────────────────────────────────────────


平成28年1月よりスタートするマイナンバー制度。
  新制度に対応するために今から行うべき項目を中心に講演いたします。
制度の基礎知識から番号の取得・利用の実務対応、また、会社が制定すべき
規程等を説明します。

【日 時】 平成27年8月26日(水)
セミナー15:00~16:50
交流会 17:00~17:50

【講 師】 社会保険労務士法人 岩城労務管理事務所
業務部次長 業務グループ 統括リーダー 渡辺 雅彦氏
業務部課長 業務グループ リーダー 岩城 眞也氏

【会 場】 小谷野公認会計士事務所

【定 員】 20名様

【参加費】 お一人様 3,000円(税込)
※弊所お取引先、関与先様、関与先様等からのご紹介の場合には
「無料」です。

【申込方法】ホームページの「セミナー申込み」、お電話、
又はこのメールにご参加の旨を記載の上ご返信下さい。

お申し込みはこちら
⇒ http://koyano-vp.com/page0120.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《補助金・助成金》 最大1,000万円が獲得できるものづくり補助金
2次公募 受付開始! 応募期限は8月5日
──────────────────────────────────────────────────────


ものづくり補助金の申請サポートは採択数 会計事務所トップクラスの
当事務所におまかせください。

最大1,000万円が獲得できる平成26年度補正ものづくり・商業・サービス
革新補助金2次公募が6月25日から開始されました。

応募期限は8月5日です!

1次公募では弊所が申請サポートしてきました補助事業者10件が
採択されました。

是非とも採択後のサポートも万全の当事務所までご相談下さい。


お申し込み・ご相談はこちら
⇒ http://koyano-vp.com/form.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第6期NBY経営塾》 未来の経営を考える
──────────────────────────────────────────────────────


次世代を担う経営者を育成するためには、何が必要でしょうか?
経営知識の習得や広い視点をもった経営者の育成は、今後の会社の成長にとって
必要不可欠なものではないでしょうか。

そのため、経営者の意識と行動を変革し経営者としての成長を促すことを
目的としたNBY経営塾を開講します。

本講座の大きな特徴は、「ただ勉強する」だけではありません。
皆様自身で所属する会社の現状を分析し課題を見つけ、具体的な計画を
立案することが本講座の一番の目的となります。


【開催時間】参加希望者の日程を調整します。
  講 義 15:00~18:00(途中休憩あり)
  懇親会 18:30~20:30(費用別・任意参加)

【講 師】小谷野公認会計士事務所 代表 小谷野 幹雄他

【受講数】全6回 + 発表会

【会 場】小谷野公認会計士事務所((株)NBY・パートナーズ)

【費 用】全7回:180,000円(消費税別)

【申込方法】ホームページの「セミナー申込み」、お電話、
又はこのメールにご参加の旨を記載の上ご返信下さい。

詳細・お申し込みはこちら
⇒ http://koyano-vp.com/page0168.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────

●『財務戦略のプロが教える資金調達Q&A』
http://koyano-vp.com/page0126.html

●「分かりやすい平成27年税制改正サマリー」はこちら
⇒ http://koyano-vp.com/page0191.html

●当事務所のFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●事業承継リスク診断サービス
http://jigyo-syokei.jp/

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0126.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.sblo.jp/

●小谷野公認会計士事務所スタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所 http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━