What's New 更新情報

​■小谷野公認会計士事務所メールマガジン2015.2.19号

2015-02-19 (Thu) 19:00
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.319) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

●《経営のヒント》 脳天気ポジティブ~倉本PGA会長から学ぶ~


●《会計・税務の知識》 確定申告における留意点-平成26年分-


●《ものづくり補助金 募集開始!!》


●「分かりやすい平成27年税制改正サマリー」はこちら
⇒ http://koyano-vp.com/page0191.html


● お知らせ

平成26年分所得税確定申告の受付が開始されました。
お気軽にご相談下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》 脳天気ポジティブ~倉本PGA会長から学ぶ~
──────────────────────────────────────────────────────


小谷野です。

現在日本プロゴルフ協会会長であり、そして会長職にありながら
2014年シニアツアーの賞金王となった倉本昌弘さんを囲む機会に恵まれました。

PGA会長として、ゴルフの練習時間が確保できない中で、
どのように実戦を闘ったのか。
自分の体の老いをどのように分析して、実戦に役立てているのか
興味深い話ばかりでした。

練習時間がとれない事への対応は、「できることをする」に徹したそうです。
かっこいいショットや、難しい技術を要するショットは封印し、
現状の自分の状態で最もパフォーマンスの高いスイングを実行したそうです。
しかし、日本シニアオープンの優勝をかけた最終日・最終ホールは
ドライバーを(初めて)持って果敢にチャレンジしての優勝だったそうです。


経営で言えば、会社が万全な状態でない場合は、身の丈を考えた堅実な判断をし、
大きな勝負所では大胆な決断と実行ができたということでしょうか。
老いとの闘いは、頭の記憶(昔これができたはず)を消すこと、
堅くなった体の柔軟性を維持すること、また高い集中力は長時間続かなくなる
ので、中程度の集中力を持続させることがポイントのようです。

世界の選手気質の比較では、日本選手は農耕民族の血筋のためか
神経質ネガティブ系が多いのに比べて、欧米選手には極端に楽観的な選手が
結構いるそうです。
このような選手を、倉本さんは「脳天気ポジティブ」とよんでいるようですが、
この気質が、試合中に歯車がかみ合い波に乗ると、
ビッグスコア(とんでもなく良い成績)を生み出すそうです。

ゴルフの結果はプロでも8割がメンタルに支配されるそうです。
アマチュア・プレーヤーへの助言として、過去を振り返らず(さっき3パット
しちゃったな)、未来を予測せず(池に入ったらどうしよう)に、
現在に無心で向きあう心の持ち方が重要と教えて頂きました。


~ 営業は脳天気ポジティブに 小谷野でした ~


*ブログのバックナンバーはこちら
→ http://koyano-cpa.sblo.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》 確定申告における留意点-平成26年分-
──────────────────────────────────────────────────────


今年も確定申告の時期が近づいてきました。
平成26年分から適用開始されるものや変更されるものがあります。

そこで、本稿では平成26年分の確定申告において注意すべき点の概要を
いくつか紹介します。


▼詳細はこちら▼
http://koyano-vp.com/page0185.html
(担当:齋藤)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《ものづくり・商業・サービス革新事業助成金》
──────────────────────────────────────────────────────


「ものづくり・商業・サービス革新事業助成金」の募集開始日・
締切日の日程が正式に公表されました。

補助金は返済の必要が無く、何かを始めようとする企業様にとっては、
必ず応募したい制度です。
http://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/2015/1502132601mono.pdf

http://www.tokyochuokai.or.jp/index.php/component/content/article/14-2012-11-06-01-28-18/1034-2015-02-13-02-32-05.html 

【募集期間】
募集開始日:平成27年2月13日(金)
募集締切日:平成27年5月8日(金) ※消印有効

【対象事業】
(1)革新的サービスの創出 上限:1,000万円、助成率2/3以内
※設備投資を行わない場合は700万円

(2)ものづくりの革新 上限:1,000万円、助成率2/3以内
※法律によって定められる「特定ものづくり基盤技術」を活用した
開発事業を対象とします。

(3)複数社が共同で取り組む設備投資 上限:5,000万円(500万円/社)、
助成率2/3以内
※複数の企業が共同で行う、ITやロボット等の設備投資を前提とした事業を
対象とします。

営業利益率10%の企業様の場合、逆算すると1億円の売上額に相当する効果が
あります!応募を強くお勧めします!!

補正予算案では、1,020億円の予算が組まており、今年も10,000社を超える会社が
採択されると予想されます。
一般型の応募では、1社につき1,000万円の補助が与えられています。

認定支援機関と連携して申請書類を作成する必要もあり、
弊所でも支援を行っております。

↓↓お問合せはこちら↓↓
otoiawase@koyano-cpa.gr.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第6期NBY経営塾》平成27年4月開講決定!

未来の経営を考える
──────────────────────────────────────────────────────


次世代を担う経営者を育成するためには、何が必要でしょうか?
経営知識の習得や広い視点をもった経営者の育成は、今後の会社の成長にとって
必要不可欠なものではないでしょうか。

そのため、経営者の意識と行動を変革し経営者としての成長を促すことを
目的としたNBY経営塾を開講します。

本講座の大きな特徴は、「ただ勉強する」だけではありません。
皆様自身で所属する会社の現状を分析し課題を見つけ、具体的な計画を
立案することが本講座の一番の目的となります。


【第1回】平成27年4月予定 ※参加希望者の日程を調整します。
  講 義 15:00~18:00(途中休憩あり)
  懇親会 18:30~20:30(費用別・任意参加)

【講 師】小谷野公認会計士事務所 代表 小谷野 幹雄他

【受講数】全6回 + 発表会

【会 場】小谷野公認会計士事務所((株)NBY・パートナーズ)

【費 用】全7回:180,000円(消費税別)

【申込方法】ホームページの「セミナー申込み」、お電話、
又はこのメールにご参加の旨を記載の上ご返信下さい。

詳細・お申し込みはこちら
⇒ http://koyano-vp.com/page0168.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────


●発売後たちまち4刷決定!
『新税制対応 プライベートカンパニーを活用して、不動産投資をしよう!
~不動産と会計のプロが教える法人化による資産運用の教科書~』
http://koyano-vp.com/page0126.html

●補助金・助成金をお考えの方はお気軽にご相談下さい。
採択後のサポートも万全です。

●当事務所のFB Pageをご覧頂き「いいね!」と感じたらポチッとお願いします。
「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
http://www.facebook.com/koyano.cpa

●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
http://www.anshinsouzoku.net/index.html

●事業承継リスク診断サービス
http://jigyo-syokei.jp/

●書籍・連載のご案内
http://koyano-vp.com/page0126.html

●小谷野幹雄のブログ
http://koyano-cpa.jp/mikioblog/

●小谷野公認会計士事務所スタッフブログ
http://koyano-cpa.jp/blog/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所 http://koyano-cpa.gr.jp  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃ 行うことができます。
┃ ⇒ http://koyano-vp.com/page0123.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━