What's New 更新情報

■小谷野公認会計士事務所メールマガジン2013.4.12号

2013-04-12 (Fri) 18:02
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.224) http://koyano-cpa.gr.jp 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>
 
 ●《経営のヒント》 アベ教育改革 ~TOEFLの義務化~ 
 
 
 ●《会計・税務の知識》 臨時特例企業税の判決
 
 
 ●《第59回のびよう会セミナー》 平成25年4月17日(水)15:00~
 
             マーケティングのABC         
           なぜ、その客はその商品を選ぶのか
 
 
 ● お知らせ
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》 アベ教育改革 ~TOEFLの義務化~
──────────────────────────────────────────────────────
 
 
 小谷野です。
 
 アベノミクスの話は本日はさておき、教育に関する分野での話です。
 
 あまりメディアでは取り上げられませんでしたが、
 先週、英語教育改革としてTOEFL(世界標準の英語試験のひとつ)の点数を
 国公立大学の受験資格や卒業条件に取り入れる案が、自民党の教育再生実行本部で
 まとまりました。
 
 これは教育分野では大きな改革となります。
 日本の英語教育は膨大な時間を義務づけていますが、
 結果は国際水準に遙か及ばないのは周知の通りです。
 
 最も若者が勉強する機会である大学受験で、各大学のマニアック、
 ガラパゴス的な英語問題への対策に時間を消費しているのは大きな問題でしょう。
 
 ところで、TOEFLの点数を持っていれば、日本の高校三年生は、
 日本の大学を受験するのと同じように米国などの大学にも願書が出せるのです。
 大学への進学希望者の道は一気にグローバル化します。
 
 たとえば米国の場合、SAT(日本でいうセンター試験)の点数がなくても、
 TOEFL、内申書、論文、財政証明があれば出願できる大学は沢山あります。
 
 大学「院」進学についても、日本の大学生が卒業要件のTOEFLの点数を
 保有していれば、同じように選択はグローバル化します。
 
 日本の教育現場では、なぜかTOEIC(ビジネス分野で重宝されている英語試験)が
 主流で、海外で教育を受ける際に必須のTOEFLには力を入れていないのです。
 
 
 現状では、日本の高校生が海外留学を希望する場合、
 TOEFLの点数を上げるために現地の英語スクールに1年程度入り
 (授業料は高額で留学コンサル会社の収益源)、コミュニティカレッジ
 (大学と言うより地域カルチャーセンターに近い)に入り、
 その後一般的な大学への編入を目指すという、大回りするケースが多いのです。
 
 日本の大学の9月入学制度も検討が本格的に始まっており(遅すぎますが)、
 ようやく教育の国際化の一歩が始まろうとしています。
 
 
  ~ 参院選の政権公約に入れてね、自民党さん 小谷野でした ~
 
 
        *ブログのバックナンバーはこちら
         → http://koyano-cpa.sblo.jp/
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》 臨時特例企業税の判決
──────────────────────────────────────────────────────
 
 
 最高裁は3月21日、神奈川県が独自の条例で定めた「臨時特例企業税」について、
 地方税法に違法、無効とする逆転判決を下しました。
 
 第一審の地裁では、納税者側が勝訴するものの、
 第ニ審の高裁では納税者が一転敗訴となっており、
 最高裁の判決に注目が集まっていました。
 
 
              ▼詳細はこちら▼
     https://img01.ecgo.jp/usr/koyano/img/130412100837.pdf
                                               (担当:大鳥)
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第59回のびよう会セミナー》  マーケティングのABC
                なぜ、その客はその商品を選ぶのか
──────────────────────────────────────────────────────
 
 広告業界の長期的な不調、広告ビジネスの構造的な変化が叫ばれる昨今、
 マスマーケティングからCRM(Customer Relationship Management)を活用した
 One to oneマーケティングへの変化が必要とされています。
 
 マーケティング・広告ビジネスの基本的な仕組みから、
 変わりゆく消費者動向についてまで判りやすく解き明かしていきます。
 
 
 【日 時】平成25年4月17日(水)
       セミナー15:00~17:00
       交流会 17:00~18:00
 
 【講 師】株式会社プラス・エー
      代表取締役 秋山 幸一郎氏
 
 【会 場】小谷野公認会計士事務所
 
 【定 員】20名様
 
 【参加費】御一人様 5,000円(税込)
      ※弊所関与先様、関与先様等からのご紹介の場合には「無料」です。
 
 【申込方法】ホームページの「セミナー申込み」、お電話、
      又はこのメールにご参加の旨を記載の上ご返信下さい。
 
 
   申込はこちら ⇒ http://koyano-vp.com/form.html
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────────────────────
 
  当事務所でもFacebook Pageを開設しております!
 「会計税務の知識」など、お時間のあるときにスマートフォン等でご覧頂けます。
  皆様の「いいね!」をお待ちしております<(_ _)>
  http://www.facebook.com/koyano.cpa
 
 
 ●NBY経営塾
  あなたも未来の経営について考えてみませんか?
  http://koyano-vp.com/page0168.html
 
 ●安心相続相談所 ご家族の絆や幸せのために・・・
  http://www.anshinsouzoku.net/index.html
 
 ●事業承継リスク診断サービス
  http://jigyo-syokei.jp/
 
  ●公益法人移行支援サービス
  http://koueki-portal.com/
 
 ●書籍・連載のご案内
  http://koyano-vp.com/page0126.html
 
 ●小谷野幹雄のブログ
  http://koyano-cpa.jp/mikioblog/
 
 ●小谷野公認会計士事務所スタッフブログ
  http://koyano-cpa.jp/blog/
 
 
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所 http://koyano-cpa.gr.jp
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃  行うことができます。
┃ ⇒  http://koyano-vp.com/page0123.html 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━