What's New 更新情報

■小谷野公認会計士事務所メールマガジン2011.1.28号

2011-01-31 (Mon) 09:37
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆≪ベンチャーパートナー通信≫ (VOL.110) http://koyano-cpa.gr.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<目次>

 ●《経営のヒント》 会社を承継させるための支援制度
            ~事業承継の診断は早めに~

 ●《会計・税務の知識》 ベンチャー企業経営の基本
                       ~決算書の感じ方・損益計算書編~



 ●《第32回のびよう会セミナー》

           平成23年度税制改正セミナー
            ここだけは押さえたい!
          経営と資産を守るための重要ポイント


 ● いまさら人に聞けない「事業承継対策」の実務 出版記念

                  事業承継リスク診断サービスのご案内

  ● お知らせ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《経営のヒント》 会社を承継させるための支援制度
           ~事業承継の診断は早めに~
──────────────────────────────────────

  小谷野です。

  
  会社の承継がうまくできずに毎年7万社が廃業し、
  30万人の雇用が失われています。


  このため経産省が重い腰をあげ、経営承継を円滑化する法律を作り、
  関連税制も整備が進み、実務界では新しい事業承継手法がスタートしました。


  しかし、この新しい制度は経営者の方々には周知されていません。
  この分野の専門家に2週間早く相談すれば、納税が8割減少するケースなど、
  残念でならないケースが目前で何度か起きました。 


  また、社長1人が、営業ルート、経営管理の仕組み、人脈を専有していたため、
  トップが倒れた後は、従業員では事業存続のなすすべもなく会社が清算という
  ケースもありました。
 

  「事業存続リスク」「争族リスク」「納税リスク」の事前検証は
  経営トップとして重要です。


  関連情報はコチラ↓
  http://jigyo-syokei.jp/


      ~ 皆さんの会社は何でも「社長!?」ではありませんか ~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《会計・税務の知識》 ベンチャー企業経営の基本
          ~決算書の感じ方・損益計算書編~
──────────────────────────────────────

  ベンチャー企業経営の基本として、決算書への理解を深めることは
  非常に重要なのは言うまでもありません。

  とはいえ、初めはいささかとっつきにくいものであるのも事実かと思います。
  そこで前回は、決算書の1つである貸借対照表について、
  初めの一歩として読み方、というよりも感じ方について説明させて頂きました。


  さて、今回は決算書のもう一方の相方である、
  損益計算書を感じてみたいと思います。


              ▼詳細はこちら▼
         http://koyano-vp.com/page0132.html
                              (担当:豊山)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■《第33回 のびよう会》

           平成23年度税制改正セミナー
            ここだけは押さえたい!
         経営と資産を守るための重要ポイント

──────────────────────────────────────


  昨年12月16日、平成23年度税制改正大綱が公表されました。

  財務省の試算では、企業関連で5,800億円の減税、個人で4,900億円の増税、
  差し引き900億円の減税とされており、法人減税、個人増税の色合いが
  強く出ている税制改正と言えます。

  今回は、平成23年度税制改正大綱のうち、経営と資産を守るために
  重要と思われるポイントを分かりやすく説明させて頂きます。

  セミナー終了後には、ビジネス交流会も開催いたします。
  是非、お誘い合わせの上ご参加下さい。


 【日 時】 平成23年2月16日(水)
        セミナー  15:00~17:00
        交流会    17:00~17:50

 【講 師】  小谷野公認会計士事務所
         副所長 税理士・公認会計士 長谷川徳男

 【会 場】 小谷野公認会計士事務所 会議室C

 【定 員】 20名様

 【参加料】 御一人様5,000円(消費税込)
       弊所関与先様、関与先様等からのご紹介の場合には「無料」

 【申込方法】ホームページの「セミナー申込み」、またはFAXにてお申込み下さい


   詳細はこちら ⇒ http://koyano-vp.com/page0120.html
   申込はこちら ⇒ http://koyano-vp.com/form.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ いまさら人に聞けない「事業承継対策」の実務 出版記念

           事業承継リスク診断サービスのご案内
──────────────────────────────────────

 いずれ必ずやってくる「相続」と「事業承継」。
 その対策は、早期着手・長期計画的であることが望まれます。
 貴社の現状を包括的かつスピーディに診断させて頂きます。


 ⇒「事業承継リスク診断サービス」とは

  貴社の現状を把握させて頂き、事業承継について貴社に潜在するリスクを
  あぶり出し、より安全で有利な事業承継のための有用な情報提供を目的とする
  サービスです。


 ⇒ 詳細はこちら  http://jigyo-syokei.jp/

   お気軽にお問い合わせ下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
──────────────────────────────────────

  ●「速報!税制改正大綱」に関するお詫び

  当事務所のメルマガをご覧いただきありがとうございます。

  さて、昨年12月17日に配信いたしました【 速報!平成23年度税制改正大綱 】
  について、一部誤りがあることが判明いたしました。

  謹んでお詫び申し上げますとともに、訂正させていただきます。

  なお、現在ホームページ上に掲載されているPDF版は訂正済みです。
  今後につきましては、同様の事象を発生させないよう努めてまいります。

  引き続き当事務所のメルマガをご利用くださいますようお願い申し上げます。


  <訂正箇所>
  1ページ目〔所得税・個人住民税〕
  2項目「役員給与等に係る給与所得控除の見直し」

  「改正内容」の給与所得控除額の算出表
  役員給与等が3,500万円超4,000万円以下の場合

  誤)185万円 -(役員給与等-3,000万円)×12%
               ~~~~~
  正)185万円 -(役員給与等-3,500万円)×12%
               ~~~~~
  URL: http://koyano-vp.com/page0172.html


 ●書籍・連載・セミナーのご案内
  http://koyano-vp.com/page0126.html

 ●小谷野幹雄のブログ
  http://koyano-cpa.jp/mikioblog/

 ●小谷野公認会計士事務所スタッフブログ
  http://koyano-cpa.jp/blog/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃≪ベンチャーパートナー通信≫
┃□┃ 発行元:小谷野公認会計士事務所 http://koyano-cpa.gr.jp
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメルマガは、ご登録いただきました方のほか、小谷野及び弊所
┃ 職員と名刺交換させていただいた方を対象にお送りしております。
┃ ▼メールマガジンを解除したい方は、こちらのURLから登録解除を
┃  行うことができます。
┃ ⇒  http://koyano-vp.com/page0123.html 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━