What's New 更新情報

証券新聞20100617【質問編】

2010-06-18 (Fri) 18:34
Q.先日、父が亡くなり、私と弟の2人で父の財産を相続することになりました。相続財産の内訳は、次のとおりです。
○預金2億円、上場株式4億円、不動産4億円、絵画2億円(すべて相続税評価額)
現状の案では、次のように相続する予定でおります。
<相続資産>               <納税後>
 
 
 
預金
1億円
1億円
 
預金
-
-
上場株式
2億円
(時価1億円)
2億円
(時価1億円)
 
上場株式
-
-
不動産
2億円
2億円
 
不動産
2億円
2億円
絵画
1億円
1億円
 
絵画
1億円
1億円
6億円
(時価5億円)
6億円
(時価5億円)
 
3億円
3億円
私も弟も、不動産と絵画は手元に残しておきたい気持ちがあるため、預金のみでは不足する納税資金を、相続した上場株式の売却により捻出しようと考えております。しかしながら、ここ数ヶ月ほどで株価が急落(概ね半額になってまった)したため、今市場で売却すると納税後、金融資産がなくなってしまいます。株価は長期的には回復する見込みですが、納付期限までには回復しないものと思われます。何かいい方法はないでしょうか。※本設問では、簡便的に2人の相続税額をそれぞれ2億円とします。
20100618